まちづくり 視察研修 松代観光 地域活性化

視察研修プログラム例

NPO夢空間が発信しているブログで視察の受け入れを紹介しています。
NPO夢空間視察受け入れ←ここをクリック

 

◎視察受け入れ事例

 

富岡製糸場を愛する会45名様視察受け入れ日程

 平成21年11月7日(土)午後1時30分〜4時30分

到着時間場所 1時30分 松代城前市営「殿町駐車場」着(竹風邪堂松代展北側) 

@ガイド付き街並み散策1:30〜2:30(3グループに分かれて町並みまちづくり散策)

松代城前〜歴史の道〜消防小屋〜小学校の土塀〜文武学校〜白井家の門(文化財ボランテイア)〜

真田勘解由邸〜象山神社・エコールドまつしろ倶楽部ハウス〜(時間によって山寺常山邸)

A横田邸2:30〜2:55内部見学(入館料200円)〜3:00松代支所

Bまちづくり研修(会場松代支所2F大会議室)3:00〜3:50

テーマ「地域資源を活かしたまちづくりとNPO夢空間の取り組み」

講師 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会理事

質疑応答3:50〜4:25

トイレタイム4:30松代支所よりバス乗り込み出発(バスは4時20分頃までに松代支所へ移動して待機)

 視察研修費資料代として、お一人1000円(当日の参加人数分)

研修団体 富岡製糸場を愛する会様

 受け入れ窓口NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局026−278−1277 

 

 ◎視察受け入れ事例

熊谷市市民活動推進課様視察研修200名様

 

日程 平成21年10月29日(木)午後1時30分〜3時30分
・到着場所 松代城前市営無料駐車場[殿町駐車場]大型バス6台にて到着

       (市営は大型バス7台分駐車可)

・お出迎え  1時30分 駐車場にてNPO夢空間スタッフお出迎え(10分ほど前から待機)

・ごあいさつ

・プログラ@ 1時35分〜2時25分(50分)
町内散策  まちづくりの様子をお話ししながら町内散策 (6グループにてガイド付き散策)
ガイド(NPO夢空間理事、事務局、会員)
散策場所(入館料のかかる場所は内部には入らず外部から説明)
松代城太鼓門前〜三の堀跡〜歴史の道〜旧松代藩文武学校〜白井家の門(無料休憩所の

ボランテイアの様子・トイレあり)〜真田勘解由邸(琴の家)〜樋口邸(まちづくりセンター)

〜赤澤の門(NPOにおける登録文化財の推進・松代文化財ボランテイアの会事務所)

〜真田公園(トイレあり)〜童謡の歌碑〜真田邸庭園〜恩田杢銅像〜松代公民館(トイレあり)
A研修

 2時35分〜3時30分(研修45分質疑10分計55分)

研修場所 長野市松代公民館体育館 
テーマ「松代における住民参加のまちづくり」

(パワーポイントや資料を使っての研修)
講師 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会
    視察研修担当理事 担当
(NPOや住民によるまちづくり活動や、住民自治協議会の様子などパワーポイントと

配布資料によって説明)

配布資料(松代のマップ、エコールドまつしろ秋の遊学パンフレット、象山地下壕パンフレット、

住民自治協議会関係資料、「信州松代夢空間めぐり」


終了後トイレ等

殿町駐車場へ移動(松代公民館から徒歩3分)

バス乗車

3:40分出発

・派遣先ご担当者様

埼玉県熊谷市市民部市民活動推進課様

・旅行業者様

近畿日本ツーリスト褐F谷支店様

・受け入れ窓口
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局

長野市松代町伊勢町548−1
026−278−1277

 

 ◎視察受け入れ事例

 新潟県高田市本町商店街4地区合同研修会46名様 (午後2時間)

1、日時 平成21年6月17日(水)

2、視察テーマ

 地域の歴史遺産を活かしたまちづくりと中心市街地・商店街の活性化

@町並み保存整備(行政と住民による町並み保存再生)

A歴史遺産の活用 (行政の整備と住民の活用・NPOによる登録文化財の推進)

B市民参加のまちづくり(NPO夢空間・文化財ボランテイア・エコールドまつしろ倶楽部他)

C商店街との連携

 現地視察

14:00〜15:20

(NPO夢空間理事2名により2グループに分かれてまちづくりの様子をガイド付案内)

松代城〜竹風堂〜小山田家冠木門〜観光案内所〜観光物産館〜おやきやさん〜

日暮庵(登録文化財・恩田緑陰)〜松代文化財ボランテイアの会事務所(登録文化財)

〜樋口邸(まちづくりセンター)〜文武学校(国指定遺跡)〜白井家の門(無料休憩所)

〜定鑑堂(佐久間象山命名・老舗旅館)〜(象山神社〜山寺常山邸〜

宮坂酒造(観光土産・観光ガイド)〜美濃屋(松代焼・登録文化財)〜

しゃれ蔵佐藤(着物で町おこし)〜つたやさん(ともさかりえテレビで紹介)〜(坂口酒店)

・講義 

15:25〜16:00

長野商工会議所松代支所2F会議室

「松代のまちづくりへの取り組み」

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会理事

16:00〜バス乗車して帰路へ

 

受け入れ経費 お1人様 資料代1000円 

受入れ団体連絡先
NPO
法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
 長野市松代町伊勢町548−1

電話・FAX 026−278−1277

 

◎視察研修受け入れ実績例

 

群馬県前橋市宮城地区自治連合会様視察研修日程(午前中2時間)


1 視察日時 平成20年11月25日(火)午前10時〜12時
2 視察人数 20名
3 視察テーマ「住民主体のまちづくり」 
  午前10時 松代城前市営駐車場(殿町駐車場・無料)バス着、(NPO夢空間事務局

    お出迎え)
  @町並散策(45分程度
)
   松代城〜歴道〜文武学校〜白井家の門〜象山神社〜山寺常山邸

    (住民参加のまちづくりの様子をお話しながら散策します)
  A研修(山寺常山邸にて) 研修資料の配布

   テーマ「住民主体のまちづくり」
  (1)合併しても地域の独自性を発揮した元気なまちづくり
  (2)まちづくりと住民自治組織のありかた
   NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会理事
  

   研修終了後代官町駐車場へご案内
   12:00 バスへ乗車(昼食会場へ移動)
    受け入れ経費 お1人様 資料代1000円 

   受入れ団体連絡先
    NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
   長野市松代町伊勢町548−1電話・FAX 026−278−1277

 

◎視察受け入実績例

 

財団法人地域活性化センター「第20期全国地域リーダー養成塾」様

 視察研修日程

1 視察日時 平成20年11月23日(日)午後13時〜15時
2 視察人数 早稲田大学理工学部大学院教授 後藤春彦先生及び塾生8名

3 テーマ「先駆的地域づくり現地調査」

13時 松代城前市営駐車場(殿町駐車場)着 (NPO夢空間事務局お出迎え)
町並散策(45分程度)
松代城〜歴道〜文武学校〜白井家の門〜象山神社〜山寺常山邸
(住民参加のまちづくりの様子をお話しながら散策)
研修(山寺常山邸にて) 研修資料の配布
テーマ「市民活動と歴史文化のまちづくり」
(合併により失われた地域の文化や歴史を通じて、行政と協働した住民主体の活動へと
発展させたエコールドまつしろや住民自治組織と地域の活性化について)
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会理事
研修終了後代官町駐車場へご案内
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局5分程度立ち寄り

研修企画実施 財団法人  地域活性化センター様
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル13階

  

◎視察受け入れ事例

 

 群馬県富岡市商店会26名様 松代視察研修受け入れ(午前中2時間)
1、視察研修テーマ
「地域資源を活かしたまちづくりと中心市街地の活性化」
2、日程 平成20年3月16日(日)10:00〜12:00
 10:00 松代城前市営駐車場待ち合わせ

@ 町内散策(40分)
 松代城〜歴道〜文武学校〜白井家の門〜
 樋口邸〜象山神社入り口信号〜美濃屋陶器店
 〜佐藤呉服店〜大丸花屋〜つたや菓子店〜
 エスニック丁子屋〜ファッション・カヤマ〜
NPO夢空間事務局
A 研修(1時間20分)

10:40〜
「松代のまちづくり・信州松代まるごと博物館構想の推進」
 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会理事
12:00
 町内食事処へ移動

 受け入れ経費 お1人様 資料代1000円

 受入れ団体連絡先
    NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
   長野市松代町伊勢町548−1電話・FAX 026−278−12

 

 ◎受け入れ実績事例

茨城県小美玉市区長会57名様まちづくり視察受け入れ 

 平成19年09月29日12時30分〜3時30分(午後3時間)

 

9月28日はNPO夢空間において茨城県小美玉市の区長さん57名の視察受け入れが
ありました。
視察テーマは「まちづくり」について。
NPO夢空間のHPでまちづくり視察研修の受け入れをしていること知って事務局に
お問い合わせをいただき、視察が実現しました。
小美玉市は三つの町が集まって合併して数年との事。平成の市町村合併によって合併し、
区長さん方が合併後のまちづくりのありかたを学ぶために、40年数年前に合併し、長野市
の中に埋没して元気をなくしていたものの、近年住民のまちづくりが活発化し、行政の後押
しを得て元気になってきた松代を訪ねて見えました。

視察受け入れ日程は下記の通りです。
12時30分 松代支所2階会議室会場設営、机に資料配布(4名で事前準備)
 1時30分 大型バス2台で松代城前市営駐車場に到着
       夢空間事務局3人でお出迎え
1時35分〜 松代の町並み・まちづくり散策(3班にわかれて3人でご案内)
       松代城〜歴史の道〜火の番所〜松代小学校土塀〜松代藩文武学校〜白井家       の門〜真田勘解由邸〜赤沢の門〜横田邸〜宅老所あったかいご〜松代支所
       (文化財の保存状況や国土交通省の街並み環境整備事業による行政と住民
2時10分  による街並み整備の様子や文化財ボランテイア等の活躍の様子を知る)
2時15分〜 支所2階大会議室にてまちづくり研修
       テーマ「松代の歴史文化を活かしたまちづくり」
           講師 小川久雄氏(NPO夢空間事務局)
        (「NPOとまちづくり」等を資料に松代で行われてきたまちづくりに
3時30分     ついてお話し、その後質問を受けました)
〜3時40分 帰りのバスにて夢空間事務局に立ち寄り宿泊先へ移動
視察研修資料代として
お一人様1000円をおねがいいたしました。
今回の視察で用意した資料は
@松代の観光案内地図
A2007秋のエコールドまつしろのパンフレット
B研修資料レジュメA3二枚(小川久雄氏作成)
C登録有形文化財のパンフレット(市教育委員会発行)
D「信州松代NPOのまちづくり」冊子
以上を参加人数分用意し研修資料としました。
 視察を受け入れた様子や視察の感想を書いたブログのご紹介
  2008年05月17日
上越市教育委員の皆様「行政視察」受け入れ
今日は上越市教育委員の皆さんの
松代視察の受け入れをさせて頂きました。
松代町の文化財を活用した
エコールドまつしろの活動をはじめ
住民参加のまちづくりの
現状視察に見えられました。
教育長さんをはじめ
事務局を含めて
10名の皆さんがNPO夢空間事務局に
訪ねて見えました。
上越市といえば
上杉謙信・春日山城のある市です。
市町村合併で大きくなった市ですが
松代がはじめてという方も多く
松代城は知っていても
松代町内に多くの史跡が
あることは今まで知らなかったかたが
ほとんどでした。
高速で一時間ほどの距離ですが
上越に対するPRは
あまりしてこなかったのが
現状でしょう。
首都圏へのPRもいいけれど
隣県同士の交流を
もっと活発にしなければと思った
視察の受け入れでした。
上越市教育委員の皆様
お疲れ様でした。
「信州松代夢空間めぐり」
ありがとうございました。
今度ゆっくり
松代を訪ねください。
お待ち致しております。
上越市からの視察

 笛吹市からの視察受け入れ
  2008年02月28日

昨日は山梨県笛吹市からの視察を
NPO夢空間が受けいれました。
長野市行政を窓口に
午前中10時から12時までの
視察受け入れでした。
10時に松代城前駐車場で待ち合わせて
文武学校、白井家の門での文化財ボランテイアの様子
歴道の整備や町並み整備の説明
象山神社でのエコールドまつしろ倶楽部ハウス、
山寺常山邸の
泉水、泉水路などをご案内し
10時40分から12時まで
れきみちの家をお借りして
松代のまちづくりの歩みと現状を
行政との協働や
住民組織の状況を中心にお話し
質問を受けました。
住民の主体的な参画を
いかに引き出すかに
質問の多くが
そこに集中していました。
笛吹市視察受け入れ 
 
2008年02月14日

愛知県内町村長の皆様「行政視察」受け入れ

昨日の愛知県内町村長の皆さんの
視察受け入れは
総勢29名
そのうち町村長さんは23名でした。
26名の町村長さんの内
23名の皆さんが
お忙しい日程を割いて
信州松代まで
視察に来てくださって
本当にありがとうございます。
さっそくブログで
ご紹介くださった
武豊町の町長さん←書いてくださった松代視察ブログ

寒い中
お疲れ様でした。
愛知県町長さんのブログ
2008年02月14日  

知県町村長様松代行政視察ブログその2

昨日の愛知県内の町村長さんがたの
行政「視察を受け入れましたが
さっそくその様子を
ブログで発信してくださった
町長さん、お二人目のブログが
発信されていましたので
松代がどう映ったか
ご紹介します。
愛知県町村長さんが自らつづった松代視察ブログ
愛知県町村長さん松代視察ブログ

2009年07月20日

 金沢市市民研究機構の皆さん松代まちづくり視察

祇園まつりで盛り上がる松代へ
金沢市市民研究機構の皆さん一行6名が松代のまちづくり視察
に訪ねてくださいました。
受け入れたのはNPO夢空間。
車2台に分乗してNPO夢空間事務局に1時到着
NPO夢空間事務局で行われている松代の昔写真展や
事務局の様子などを見学ののち
車で横田家住宅を通って象山神社へ移動。
周辺の町並みや、個人のお庭を拝見させていただき
明治薬科大創始者恩田重信生家を見て
象山神社のお参りし
エコールドまつしろ倶楽部ハウスにて
松代のまちづくりのお話を1時間ほどさせていただきました。
金沢に比べて住民のまちづくり活動が熱心だと
お話されていました。
行政が条例を作って街並みを整備している金沢は
全国のモデル都市ですが
松代の方が住民のまちづくり活動が活発だ
というお話には驚きました。
外から見ていただくことの大切さを
感じた視察受け入れでした。

2009年07月18日

 彦根のNPO松代訪門

この連休中には全国各地から松代を訪ねて来てくださいました。
NPO夢空間事務局には横浜から
北海道から、彦根からと
各地から訪ねてくださいました。
又、全国建築士女性会の皆様が
松代の視察をしてくださり、NPO夢空間の活動の
お話をさせていただきました。
彦根からいらしたNPOさんは
彦根城だけではなくて
周辺の武家屋敷地域の保存に立ち上がり
トラストにより募金をして700万円集め
市に寄付して保存したい建物を
市に買い取ってもらったとお話されていました。
まちづくりつながりで
大いに話が盛り上がりました。
  

2009年07月05

まちづくり視察申込み相次ぐ

7月は松代のまちづくり視察の申し込みが相次いでいます。
7月8日には来年長野市に合併する中条村のまちづくりの会の方々が見えられます。
7月12日諏訪市まちづくり準備会の方々
7月18日全国女性建築士会の方々
7月19日金沢市のまちづくりの方々などです。
また、8月22日阿智村で全国社会教育研究集会では
「大学と地域との連携」分科会において
清泉女学院短大とNPOとの連携の事例発表を
行うことになっています。
住民主体の松代のまちづくりに対する関心が
高まっていることをうかがえます。
NPO夢空間では
まちづくり視察受け入れ事業を推進していますので
お気軽にご相談ください。
026−278−1277
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
   

2009年06月17日

越後高田町家三昧・高田本町商店街の皆様視察研修受け入れ

6月17日午後より越後高田町家三昧・高田本町商店街の皆様の視察研修を受け入れました。
天地人で話題の多い上越高田からバス一台で約40名の方が長野・松代のまちづくり視察に
見えました。
午前中は長野市中心市街地の視察をされて、午後1時30分松代へ到着。
松代城集合で1時50分2班に分かれて出発、
商店街活性化とむすびつくようなまちづくりの取り組みについて重点的に視察
していただきました。
松代城前〜竹風堂〜三の堀〜観光案内所〜物産館〜レンタサイクル〜日暮庵(登録文化財)
恩田緑陰〜松代文化財の会事務局・赤澤の門(登録文化財)〜樋口邸〜文武学校〜
白井家の門(無料湯茶接待)〜象山神社の横の川〜恩田家〜井上家〜宮坂酒造〜
美濃屋〜つたや〜大名お焼き〜坂口酒店(ホイサッサ松代)〜商工会議所会議室
歴史的な町並みから商店街への回遊するルートを歩きながらまちづくりの様子を
お話させていただきました。
会議所ではまちづくりの全体像を説明させていただき質問をうけいました。
高田では雁木を活かした街づくりを推進していて、水路を復元してまち中で蛍を
復活させる取り組みも行われているお話も伺うことができました。
今後のまちづくり交流の中で学ばせて頂きたいことがたくさんありました。
外からの目で松代を見ていただき、松代のまちづくりに活かす取り組みが大事であることが
よく分かりました。高田の皆様お疲れ様でした。
今後もよろしくお願いいたします。

2009年02月04日

東御市からのまちづくり視察受け入れ
松代では今日、東御市社会福祉協議会を拠点に活動する
ボランテイアの皆さん30名が
松代のまちづくり視察に見えました。
松代地区社協とNPO夢空間双方を視察されていきました。
寺巡りやお庭拝見などに関心をもっていただき
NPO夢空間発刊の冊子も多数お求めいただきました。
ありがとうございました。
今度はゆっくり松代のまち歩きを楽しんでください。
お待ち致しております。  

 2008年11月28日

   前橋市宮城地区自治会連合会の皆様松代のまちづくり視察


今朝は松代も少し雪化粧でしたが
朝方になると快晴の良いお天気となりました。
佐久間象山が松代に蟄居させられた時のお屋敷が
象山神社の中に移築されて保存されています。
11月25日午前中
前橋市宮城地区自治会連合会の皆様が松代のまちづくり視察に見えました。
テーマは「住民主体のまちづくり」
受け入れたのは松代のまちづくりに取り組むNPO夢空間です。
9時30分真田宝物館前駐車場着。
総勢16名の皆様をお迎えして、まずはれき道の案内です。
松代城を背にして松代小学校と真田邸の間の路地を散策しながら
小学校の土塀や消防団詰所などの町並みが整ってきた様子を
お話していきました。行政と住民との協働の町並みづくりです。
白井家の門では文化財ボラッテイアの皆さんが
お茶接待をしてくださいました。
真田邸でとれた小梅をつけたものを出して下さり
美味しくお茶をいただきました。
その後象山神社にお参りして
写真の象山ゆかりの建物も見ていただきました。
エコールド倶楽部ハウスを訪ねコーデイネーたーさんにお願いして
内部の様子を拝見させていただきました。
象山神社前の個人宅で
武家門と土塀を修復しておられるお宅があり
町並み修景が徐々に進んでいる現状を
見ていただくことができました。
それから山寺常山邸のお部屋をお借りして
1時間ほど
「住民主体のまちづくり」
@合併しても地域の独自性を発揮した元気なまちづくり
Aまちづくりと住民自治組織のありかた
について資料を用意させていただき
松代のまちづくりの様子をお話させていただきました。
限られた時間の中での視察研修ですが
文化財ボランテイアやエコールドまつしろ、
町並み修景の現場を見ていただいた後の話ですの
説明もしやすく
皆さんも熱心に聞いてくださいました。
寒い中での視察研修ご遠路からお疲れ様でした。
松代の印象はいかがだったでしょうか?
10時から12時の予定で視察日程を組ませていただきましたが
9時30分に松代到着で
30分早く来ていただいたので
12時までゆとりをもって視察対応できてよかったです。
またのお越しをお待ち致しております。

2008年11月04日


信州松代では
現在商店街にてまるごとミュージアムの一環として
絵手紙、折り紙、川柳の作品展が開催されています。
今日の午後からは
愛知県町村議会議長会30名の皆様の行政「視察の受け入れを
地元松代のNPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会が行いました。
今年の2月には愛知県町村長会の皆様の視察受け入れがあり
松代を大変気に入っていただき、今回は議長さん方の視察受け入れと
なりました。
1時15分松代城前で待ち合わせて文武学校周辺をご案内したのち
山寺常山邸の和室にて松代のまちづくりにてお話しました。
このほど行っている松代の人物30人展について、
小さな町から多くの人材が出ているのは文武学校と
なにか関連があるのかと質問がありました。
NPO夢空間でも、何故にこれほどまでに人材が輩出したのか
考察を進めているところですが
松代藩8代藩主真田幸貫公が佐久間象山らを人材抜擢し、さらには
人材育成のために松代藩文武学校を設立して人材育成に努めたことが
その後の人材輩出の母体になっているのではないかと
考えるようになっていることをお話しました。
三方が山に囲まれて北には千曲川があって
周辺の自然環境とともに
独自の文化を構築していく中で
人材が育つ風土が出来上がっていったのではないかと
思います。
この点については
専門家の参画を得て松代学としてさらに考察を深めたいと思います。
その後愛知の皆様を象山地下壕へご案内して
俊英高校郷土研究班関係者にバトンタッチしました。
明日は小布施の議会視察をし、善光寺をお参りして
帰路につかれる日程とのことでした。
愛知県村町議長の皆様
寒い中での視察
お疲れ様でした。
またのお越しをお待ち致しております。
 

2008年11月23日  

  財団法人地域活性化センター主催  
地域づくりリーダー養成塾の皆様 関東方面からの視察受けいれ 
 11月23日午後 財団法人地域活性化センター主催の 地域づくりリーダー養成塾の皆様 早稲田大学工学部の後藤先生を講師に 30代を中心に 10名の方々が松代のまちづくり視察に見えました。 受け入れたのは松代のまちづくりNPO夢空間です。 1時30分松代城前でお出迎え。 歴史の道を散策しながら景観づくりのお話をして文武学校から 白井家の門へ 文化財ボランテイアの会の皆さんによる お茶接待を受けました。 その後、れきみち沿いに明治薬科大創始者恩田重信生誕の地や象山神社を 訪ねてました。昨日訪ねた写真のお宅のお庭を拝見させていただいて 山寺常山邸へ。 お部屋をお借りして 「松代の歴史と文化、景観を活かしたまちづくり」のお話をさせていただきました。 千葉、埼玉、茨城、東京他 関東各地区からの参加者が熱心に話を聞いてくださいました。 行政職員の方々が多く、今後の各地のまちづくりに生かしていただければ 幸いです。 3時30分松代を出発 約2時間の視察研修でした。 皆さまお疲れ様でした   

2008年02月28日

笛吹市からの行政視察受け入れ
昨日は笛吹市から
行政職員15名の視察を
松代NPO夢空間で
受け入れました。
10時に松代城前を出発して
町並みやまちづくりを視察見学。
その後NPO夢空間をはじめ
松代のまちづくりについて研修。
テーマは協働です。
6つの町村が合併して出来た山梨県
笛吹市、その後1つの町村が加わって
7つの旧町村を一体化させようと
頑張っていらっしゃいます。
一方長野市では都市内分権で
旧町村をベースに
30地区での住民自治協議会結成を
目指しています。
住民の主体的な参画を
いかに進めるか、
松代でのさまざまな取り組みが
参考になったでしょうか?
午後には長野市行政の
視察をして
帰路につかれました。
ご遠路お疲れ様でした。  

まちづくり視察研修・行政視察・議員視察受け入れ 

全国各地より松代へ、まちづくり視察に来ていただきありがとうございます。

長野市松代町のまちづくりに取り組むNPO法人松代のまちと心を育てる会では

まちづくり視察研修・行政視察・議員視察を常時受け入れています。

最新情報は新HPをご覧ください。→NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

 

平成の市町村合併が進んで一段落しましたが合併した地域の振興をどうしていくのか
各地で知恵を絞っていることと思います。
長野市松代町では昭和41年に長野市に合併し、長い間長野市の中に埋没してきましたが
平成になって住民によるまちづくりが活発化し、長野市行政の後押しも得て全国ブランドの

観光地として売り出し中です。NPO夢空間では潜在している地域資源を掘り起こし光を当て

て磨き上げ、全国に発信しています。

住民主体のまちづくりを行っていくためには、まず住民自身が変わっていかなければなりません。

なぜならば長い間行政依存の考え方が住民に染み付いてしまっているからです。

松代でも同じで、 平成13年6月当会を立ち上げたときも住民主体の動きを作り出せるようになるまでに試行錯誤を繰り返しました。しかしながら、自分達で考えて企画し実行したことが少しづつ成果となって現れてくると、自信がついてきて、次のステップへと活動が発展していきました。そして自分の町が好きになっていきました。地元住民組織や行政との関係づくりなど、成功したことだけでなく試行錯誤してきたことも含めて住民主体のまちづくりに取り組んできたことをお話し、各地まちづくりの参考になればと思います。さまざまな課題にぶち当たりながらも希望をもって前向きにまちづくりに取り組んでいらっしゃる各地の住民の方々、それを支援する行政や議会、支援組織の方々と、視察の受け入れを通じて交流しあい、学びあい、ともに高まりあえればと、視察の受け入れを積極的に行っています。皆様のお越しを心よりお待ちいたし

ております。


NPO夢空間では下記の要領で、松代の町並み散策と研修とを組み合わせた視察研修を受け入れを

行っています。

1、視察研修テーマ

 「松代における視察テーマ例」

(1)地域資源や地域の歴史的文化遺産を活かした取り組み

 ・地域のお宝探しから始まった地域活性化への道程

 ・地域の歴史的文化遺産を活かしたまちづくり・地域づくり ・地域活性化戦略
 ・地域の歴史的文化遺産を活かした住民参加の観光戦略

 (2)市町村合併における小地域活性化の取り組み
 ・市町村合併と住民自治

  ・長野市の都市内分権による住民自治協議会の現状と課題

  (松代地区住民自治協議会の組織の一員として参加しているNPO法人の立場から)

 ・松代における地域課題と課題解決に向けた住民と行政との協働によるまちづくり・地域づくり

(3)まち並み保存・町並み修景とまちづくり
 ・城下町らしいまち並み環境整備と住民参加のまちづくり

 ・まち並み保全とまちづくり
 ・歴史的建造物の保存活用とまちづくり
 ・国の登録有形文化財登録推進とまちづくり

(4)庭園都市松代の庭園を活かしたまちづくり
 ・水を活かしたまちづくり
 ・庭園都市松代のまちづくり

(5)商店街活性化
 ・商店街活性化の取り組みとまちづくり

 ・中心市街地活性化とまちづくり

 ・空き店舗を活用した松代まち歩きセンター開設とまちのにぎわいづくり

(6)地域福祉活動やボランテイア活動について(関係機関と連携して)

 ・「地域福祉の推進とまちづくり」

 ・「地域福祉活動計画の推進とまちづくり」

 ・「まちの縁側づくり推進」

(7)住民主体のまちづくり・地域づくり総合コース

  NPO夢空間では長野市が進める都市内分権「住民自治協議会」にも参画していますので、

  商工会議所、商店街、エコール・ド・まつしろ倶楽部、松代文化財ボランテイアの会、

  社会福祉協議会など住民主体の まちづくりを総合的に視察研修するプログラムを

  提案し受け入れることができます。

 

2、視察研修とプログラムの基本

  「研修」と「町並み散策」を組み合わせたおおむね「2時間」の視察研修を基本とします。

  参加人数が多い場合(30名様以上)の場合には車からの乗り降り、トイレタイム、研修から

  散策への移動時間等を入れますと「2時間」プラス20分〜30分程度の余裕を持ってスケジュー

  ルを組んでいただいたほうがゆとりを持った研修ができます。

  研修目的によって、ご相談の上

  @20名程度のグループにガイドが一人ついてまちづくりの様子をご案内しながら

   町並み散策 (基本は約1時間ですが30分〜45分程度に短縮することも可能です)

  A研修会場で松代のまちづくりの様子をお話しするまちづくり研修

  (基本は1時間ですが45分〜1時間30分の範囲で対応いたします。1時間30分の場合は

   研修1時間 質問と補足30分で質問時間を十分取ります。)

  @Aを組み合わせてプログラムをご提案いたします。

  視察目的によって@の時間を多くしたりAの時間を多くしたりご希望により調整することが

  可能です。

  また福祉、文化財、観光、中心市街地活性化など複合的プログラムを組んで

  半日〜1日〜1泊の視察研修の立案をして各種団体等への手配をして受け入れることも可能ですので

  お気軽にご相談ください。

  その場合でもNPO夢空間スタッフが直接対応させていただくのはおおよそ2時間(最長3時間)を

  原則とします。

  3時間を超えた対応は事前に手配した他の団体に引き継ぐか自由散策やフリータイムでの対応と

  なります。 

  まちづくり実践者の方々の視察の場合には質疑時間を充分に取っていただくことをお勧めします。 

  なお、視察研修当日の天候や冬場の視察の場合、および交通事情などでスケジュールに変更が

  生じた場合はご相談の上、町並み散策を短縮し、会場での研修時間を多くする場合やその逆の

  場合も考えられますのでご承知おきください。

3、視察経費

 視察に伴う経費は「資料代」として
 お1人様1000円をお願い致しております。

  研修会場にて当日の参加人数分で清算をお願い しております。NPO夢空間スタッフに

 お支払いをお願います。領収書を差し上げます。

 ※視察終了後の銀行口座へのお振り込みも可能です。

 町並み散策は有料施設の入館はいたしません。外観からの説明となります。

 入館料が必要な施設の内部見学をご希望の場合には別途入館料実費が必要となります。

 ご希望の場合には事前にご相談をお願いいたします。

※視察の受け入れ希望が増えてきているため、理事事務局の負担が増大しております。

つきましては10人に満たない 人数での視察の場合、恐れい入りますが

「視察受け入れ代・資料代」として 1団体1万円をお願いいたします。

(NPO夢空間の出版物を複数提供いたします)

10人を超えた視察の場合には従来通りお一人様1000円です。

但し、大学や研究機関における少人数によるヒヤリングや調査の場合にはこの限りではありません。

関連出版物のお買い上げをいただければ幸いです。(目安1000円×5冊程度)

また、学生のまちづくり研究や卒論等のヒヤリングに関してはこの限りではありません。

資料の購入等でご協力をいただければ幸いです。 研究成果物の送付をお願いいたします。

 

4、受け入れ可能人数

 (1)まちづくり視察・行政視察

  研修会場の関係で1 回での受け入れ可能人数は5名程度から〜100名程度です。

  研修会場確保と研修に当たるスタッフの日程調整のため、視察研修のお申込みは

  原則として 1ヶ月前までにお願いいたします。

  (1ヶ月以内でも可能な限り対応いたしますのでご相談ください)

  研修人数が100名を超える場合には2ヶ月ほど前までにご連絡いただければ

  200名様までは会場を確保して受け入れることが可能です。

 (2)ヒヤリング・調査

  大学や研究機関におけるヒヤリング調査や、大学生、大学院生の研究や卒論のための

  ヒヤリングなどには小人数でも受け入れておりまのでお気軽に御相談ください。

  おおむね「1時間30分〜2時間」を目安にお願いいたしております。

  その場合、研究の成果物を送付頂くようお願いいたしております。

4、受け入れ体制

  30名まではNPO夢空間の理事事務局1〜2名程度で対応いたしますが、30名を超

   えた場合には人数に応じて理事事務局で増員して対応いたします。

5、お食事処のご案内

  ご希望により松代町内のお食事処を複数ご案内をさせていただきます。

  20〜30名の受け入れ可能なお食事処は多数あります。 

  一度に40名〜50名程度を受け入れることが出来るお食事処が数箇所ございます。

  50名を超えた場合には複数箇所で分散しての受け入れになります。

  松代で食事をしていただけると地域の活性化につながりますので出来るだけ松代で食事

  を取っていただけるよう希望いたします。

6、宿泊先のご案内

  松代は歴史的文化的遺産が町中に集積している町です。また、住民主体のまちづくり活動

  も各方面で活発化しています。じっくりと松代を研究してみたい場合には、松代で宿泊をす

  る日程を組んでいただくことをお勧めいたします。

  松代町内には、天然温泉の効能が豊かな国民宿舎「松代荘」、地元老舗旅館「定鑑堂」、

  大和ハウスの「信州松代ロイヤルホテル」などの宿泊施設があります。

7、視察お問い合わせ及び申込み方法

  視察研修受け入れ希望の団体様は
@視察希望日・希望時間帯
A参加予定人数

B視察目的

C視察全体のスケジュール計画案

D車の台数(自家用車、マイクロバス、大型観光バス、電車、バス)
Eご連絡先 団体名 ご担当者名 電話 メールアドレス

F研修当日の引率責任者様の携帯電話番号

 を1ヶ月ほど前までに「お問い合わせホーム」かお電話にてご連絡をお願いいたします。
 折り返しご連絡してご希望をお聞きし、詳細日程をご相談いたします。
 ご希望により宿泊先、地元お食事処等の情報もご案内いたします。

6、その他

 各地区からの視察申し込みが同時期に集中する傾向があるため、お早めのお問い合わせ

 をお願いいたします。

 「視察研修受け入れ実績」 「視察研修プログラム例」も併せてご覧いただければ幸いです。

 

 

NPO夢空間の定款

特定非営利活動法人夢空間松代のまちと心を育てる会定款  

第1章 総則 

(名称)

第1条 この法人は、特定非営利活動法人 夢空間松代のまちと心を育てる会という。

(事務所)

 第2条 この法人は、主たる事務所を長野県長野市松代町松代に置く。    

第2章  目的及び事業 

(目的)

第3条 この法人は、地域住民および訪れる人のため、長野市の策定した、松代中心市街地活性化基本計画「信州松代まるごと博物館」構想の実現のため、松代のまちづくりに関する事業を行い、地域の活性化に寄与することを目的とする。 

特定非営利活動の種類)

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

(1)まちづくりの推進を図る活動

(2)文化、芸術の振興を図る活動

(3)環境の保全を図る活動 

(事業)

第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)特定非営利活動に係る事業 

 @松代の歴史文化の継承と新たな文化の創造  

  A松代地区活性化のための各種調査と提案  

  Bまちづくりのネットワークと情報の発信 

 Cまちづくりコンサルタント事業 

 Dまちづくりに関わる受託事業    

第3章  会員 

(種別)

第6条 この法人の会員は、次の2種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。

(1)正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人

(2)賛助会員 この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体で、総会における議決権をもたないもの 

(入会)

第7条 会員として入会しようとするものは、別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとする。

 理事長は、正当な理由がない限り入会を希望するものの入会を認めなければならない。

 理事長は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。 

(入会金及び会費)

第8条 正会員は、総会において別に定める入会金および会費を納入しなければならない。

 賛助会員は、総会において別に定める会費を納入しなければならない。 

(会員の資格の喪失)

第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1)退会届の提出をしたとき。

(2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。

(3)会費を一年以上滞納したとき。

(4)除名されたとき。 

(退会)

10 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。 

(除名)

11 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

(1)この定款等に違反したとき。

(2)この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(拠出金品の不返還)

12 既納の会費及びその他の拠出金品は、返還しない。    

第4章 役員及び職員 

(種別及び定数)

13条 この法人に次の役員を置く。

(1)理 事 5人以上10人以内

2)監 事 2人

  理事のうち、1人を理事長、5人以内を副理事長、1人を事務局長とする。

(選任等)

14 理事及び監事は、総会において選任する。

 2 理事長、副理事長、事務局長は、理事の互選とする。

 3 役員のうちには、それぞれの役員について、その配偶者若しくは3親等以内の親族が  1人を超えて含まれ、又は当該役員並びにその配偶者及び3親等以内の親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。

  監事は、理事又はこの法人の職員を兼ねることができない。 

(職務)

15 理事長は、この法人を代表し、その業務を総理する。

  副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるとき又は理事長が欠けたときは、理事長があらかじめ指名した順序によって、その職務を代行する。

  事務局長は事務局を統括し、事業の円滑な運営にあたる。

  理事は、理事会を構成し、この定款の定め及び理事会の議決に基づき、この法人の業務を執行する。

  監事は、次に掲げる職務を行う。

(1)理事の業務執行の状況を監査すること。

(2)この法人の財産の状況を監査すること。

(3)前2号の規定による監査の結果、この法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があることを発見した場合には、これを総会又は所轄庁に報告すること。

(4)前号の報告をするため必要がある場合には、総会を招集すること。

(5)理事の業務執行の状況又はこの法人の財産の状況について、理事に意見を述べ、若しくは理事会の招集を請求すること。 

(任期等)

16 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

  補欠のため、又は増員によって就任した役員の任期は、それぞれの前任者又は現任者の任期の残存期間とする。

  役員は、辞任又は任期満了後においても、後任者が就任するまでは、その職務を行わなければならない。 

(欠員補充)

17 理事又は監事のうち、その定数の3分の1を超える者が欠けたときは、遅滞なくこれを補充しなければならない。 

(解任)

18 役員次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを解任することができる。この場合、その役員に対し、議決する前に弁明の機会を与えなければならない。

(1)心身の故障のため、職務の遂行に堪えないと認められるとき。

(2)職務上の義務違反その他役員としてふさわしくない行為があったとき。 

(報酬等)

19 役員は、その総数の3分の1以下の範囲内で報酬を受けることができる。

  役員には、その職務を執行するために要した費用を弁償することができる。

  前2項に関し必要な事項は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。 

(事務局)

20 この法人に、事務局を置き複数の幹事および職員を置く。

  幹事、幹事会および職員に関する必要な事項は理事長が別に定める。   

第5章 総会 

(種別)

21 この法人の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。 

(構成)

22 総会は、正会員をもって構成する。 

(権能)

23 総会は、以下の事項について決議する。

(1)定款の変更

(2)解散

(3)合併

(4)事業報告及び収支決算

(5)役員の選任又は解任、職務及び報酬

(6)入会金及び会費の額

(7)借入金(その事業年度内の収入をもって償還する短期借入金を除く。)

第48条において同じ その他新たな義務の負担及び権利の放棄

(8)その他運営に関する重要事項 

(開催)

24 通常総会は、毎年1回開催する。

 臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。

(1)理事会が必要と認め招集の請求をしたとき。

(2)正会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。

(3)第15条第5項第4号の規定により、監事から招集があったとき。 

(招集)

25 総会は、前条第2項第3号の場合を除き、理事長が招集する。

  理事長は、前条第2項第1号及び第2号の規定による請求があったときは、その日から30日以内に臨時総会を招集しなければならない。

  総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面をもって、少なくとも10日前までに通知しなければならない。 

(議長)

26 総会の議長は、その総会において、出席した正会員の中から選出する。 

(定足数)

27 総会は、正会員総数の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。 

(議決)

28 総会における議決事項は、第25条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。

  総会の議事は、この定款に規定するもののほか、出席した正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。 

(表決権等)

29 正会員の表決権は、平等なるものとする。

  やむを得ない理由のため総会に出席できない正会員は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決し、又は他の正会員を代理人として表決を委任することができる。

  前項の規定により表決した正会員は、第27条、第28条、第30条第1項及び第49条の適用については、総会に出席したものとみなす。

  総会の議決について、特別の利害関係を有する正会員は、その議事の議決に加わることができない。 

(議事録)

30 総会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。

(1)日時及び場所

(2)正会員総数及び出席者数(書面表決者又は表決委任者がある場合にあっては、その数を付記すること。)

(3)審議事項

(4)議事の経過の概要及び議決の結果

(5)議事録署名人の選任に関する事項

  議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が署名、押印しなければならない。   

 第6章 理事会 

(構成)

31 理事会は、理事をもって構成する。 

(権能)

32 理事会は、この定款で定めるもののほか、次の事項を議決する。

(1)事業計画および収支予算並びにその変更

(2)総会に付議すべき事項

(3)総会の議決した事項の執行に関する事項

(4)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項 

(開催)

33 理事会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。

(1)理事長が必要と認めたとき。

(2)理事総数の3分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。

(3)第15条第5項第5号の規定により、監事から招集の請求があったとき。 

(招集)

34 理事会は、理事長が招集する。

  理事長は、前条第2号及び第3号の規定による請求があったときは、その日から20日以内に理事会を招集しなければならない。

  理事会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面をもって、少なくとも7日前までに通知しなければならない。 

(議長)

35 理事会の議長は、理事長がこれに当たる。 

(議決)

36 理事会における議決事項は、第34条第3項の規定によってあらかじめ通知した事項とする。

 2 理事会の議事は、理事総数の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。 

(表決権等)

37 各理事の表決権は、平等なるものとする。

  やむを得ない理由のため理事会に出席できない理事は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決することができる。

  前項の規定により表決した理事は、次条第1項の適用については、理事会に出席したものとみなす。

  理事会の議決について、特別の利害関係を有する理事は、その議事の議決に加わることができない。 

(議事録)

38 理事会の議事については、次の事項を記載した議事録を作成しなければならない。

(1)日時及び場所

(2)理事総数、出席者数及び出席者氏名(書面表決者にあっては、その旨を付記すること。)

(3)審議事項

(4)議事の経過の概要及び議決の結果

(5)議事録署名人の選任に関する事項

  議事録には、議長及びその会議において選任された議事録署名人2人以上が署名、押印しなければならない。    

第7章 資産及び会計 (資産の構成)

39 この法人の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。

(1)設立当初の財産目録に記載された資産

(2)入会金および会費

(3)寄付金品

(4)財産から生じる収入

(5)事業に伴う収入

(6)その他の収入 

(資産の区分)

40 この法人の資産は、特定非営利活動に係る事業の資産とする。 

(資産の管理)

41 この法人の資産は、理事長が管理し、その方法は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。 

(会計の原則)

42 この法人の会計は、法第27条各号に掲げる原則に従って行うものとする。 

(会計の区分)

43 この法人の会計は、特定非営利活動に係る事業に関する会計とする。 

(事業計画及び予算)

44 この法人の事業計画及びこれに伴う収支予算は、理事会の議決を経なければならない。

  収支予算の追加および更正は理事会の議決を経て行うことができる。 

(予備費の設定及び使用)45 予算超過又は予算外の支出に充てるため、予算中に予備費を設けることができる。

 予備費を使用するときは、理事会の議決を経なければならない。 

(事業報告及び決算)

46 この法人の事業報告書、収支計算書、貸借対照表及び財産目録等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、速やかに、理事長が作成し、監事の監査を受け、総会の議決を経なければならない。

  決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。 

(事業年度)

47 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。 

(臨機の措置)48 予算をもって定めるもののほか、借入金の借入れその他新たな義務の負担をし、又は権利の放棄をしようとするときは、総会の議決を経なければならない。    

第8章 定款の変更、解散及び合併 

(定款の変更)

49 この法人が定款を変更しようとするときは、総会に出席した正会員の4分の3以上の多数による議決を経、かつ、法第25条第3項に規定する軽微な事項を除いて所轄庁の認証を得なければならない。 

(解散)

50 この法人は、次に掲げる事由により解散する。

(1)総会の決議

(2)目的とする特定非営利活動に係る事業の成功の不能

(3)正会員の欠亡

(4)合併

(5)破産

(6)所轄庁による設立の認証の取消し

  前項第1号の事由によりこの法人が解散するときは、正会員総数の3分の2以上の承諾を得なければならない。

 

NPO夢空間松代へのお誘い NPO夢空間会員募集と松代のお庭を愛する会ご案内

NPO夢空間会員募集

NPO夢空間では会員を募集しています。

一般会員 年会費1000円 

賛助会員 年会費10000円

です。

長野以外の方でも、どなたでも参加できます。

全国からの会員参加を歓迎します。 

◎会員の特典

会員には毎月発行される会報をお送りしますので常

新情報を得ることができます。

各種事業には優先的に参加できます。

新たな活動を提案して賛同を得られれば

新しいプロジェクトを立ち上げることができます。

松代学講座の参加会費が割り引かれます。

新しい仲間を見つけることが出来ます。

会員お申し込みはお問い合わせフォームより

お願いいたします。   

会員募集は常時行っております。 

平成20年度活動報告

平成20年度、NPO夢空間では、松代に潜在する地域資源を掘り起こして光をあて、全国に

発信する取り組みを継続的に行ないました。特に、明治以降近代日本に足跡を残した松代人

30人を掘り起こしてパネル化、パンフレットを作成し「まるごとミュージアム」の開催にあわせて

広くPRしました。まち歩きの定着化をはかり松代の魅力を広く知っていただくとともに、松代学

講座やシンポジウムの開催により松代のまちづくりのレベルアップを図りました。
また、歴史まちづくり法の松代適用を目指して学習を深め、地域や行政への提言を行ない

ました。

1、「まち歩き」事業の推進
4月13日(日)松代西条のしだれ桜めぐり
5月18日(日)城下町散歩松代町屋あるき 講師 丸山日出夫氏
6月15日(日)城下町松代武家屋敷― 初夏のお庭拝見と講演会
講師 信州大学農学部教授 佐々木邦博氏
6月22日(日)上杉謙信が通った峠を歩く― 鋤崎(すきざき)峠(とうげ)散策
講師 丸山日出夫氏(長野県文化財保護指導委員)
7月13日(日)―寺町周辺― 松代7ヵ寺めぐり
9月23日(火)松代民話散歩 −白鳥神社周辺を歩く−
         講師 青木貞元氏(民話研究家)
 10月26日(日)全国路地サミットin長野松代の路地歩き10:00〜12:00
  11月1日(土)秋のお庭拝見 午前9:00〜12:00
 11月15日(土)清泉女学院短大生によるクイズ de 松代探検ツアー
 11月16日(日)松代焼拝見ツアー
         講師 宮崎知幾氏(陶芸家・あまかざり工房)
 11月22日(土)松代登録有形文化財散策ツアー
                  講師 長尾 晃 氏(1級建築士)
1月16日(金)「閻魔大王図拝観」と松代三山の菩提寺巡り
3月22日(日)城下町松代のひなめぐり 9:30〜 
        松代文化財ボランテイアの会との共催
3月28日(土)城下町松代のひなめぐり 9:30〜 
        松代文化財ボランテイアの会との共催

2、文化遺産保存活用事業推進
4月16日(水)登録文化財推進委員会
4月22日(火)登録有形文化財プレート授与式および講演会
         松代支所 2階大会議室
   講演「遊学城下町 信州松代たてもの36選 信陽まつしろ御城下そぞろ 
   歩き」御膳立 大木家「寛政三 松代御家中屋鋪附」を読む
        講師 丸山日出夫氏
6月15日(日)講演会「松代のお庭と登録記念物」
講師 信州大学農学部教授 佐々木邦博氏

 7月16日(水)登録文化財推進委員会
7月31日(木)神奈川大学西和夫教授を囲んで懇談会
・神奈川大学松代町まちづくり研究所と連携して、年間を通して登録文化財推進の為の調査

研究を行ないました。
・信州大学農学部造園学科佐々木邦博教授と連携して庭園都市松代の推進を行ないました。
・清泉女学院短大国際コミュニケーション学科武田るい子先生と連携して松代のまちづくり

推進を行いました。

3、研修・セミナー開催業の推進
 松代学講座の開催
7月12日(土)松代学講座「松代藩と善光寺」
         講師 降旗浩樹氏(長野市立博物館学芸員)
8月23日(土)松代学講座 六工社・横田英と松代製紙業
    講師  横山憲長 氏 (長野県短期大学教授)
9月20日(土)松代学講座「学校教育の始まりと小学校設立・推進」
         講師 宮沢邦典 氏(長野市公文書館専門委員)
11月28日(金)松代学講座運営委員会1月〜3月の企画会議
1月24日(土)松代学講座「松代町の和算家たち」
         講師 小林博隆先生(松代高等学校教諭・和算研究家)
2月21日(土)松代学講座「松代町最後の町長 中村兼治郎」
           ―温泉の開発と地震対策―
         講師 原 昌義 氏(郷土史研究家)
3月14日(土)松代学講座「善光寺大地震と松代藩と善光寺役所」
         講師 鬼頭康之 氏(元長野市公文書館専門主事)

まちづくり講演会・シンポジウムの開催
 ○11月1日 まちづくりシンポジウム
「地域の歴史と文化を活かしたまちづくり」
  基調講演 西村幸夫氏(東京大学大学院工学系研究科都市工学教授)
  対  談 西村幸夫氏・市村次夫氏(小布施堂社長)
 会  場 サンホール・マツシロ 2階ホール
○1月30日(金)講演会「水路を活かしたまちづくり」
         講師 西 和夫氏(神奈川大学建築学科教授)
○3月7日(土)  善光寺御開帳記念「まちづくりシンポジウムin松代」 
回向柱・松代寄進のルーツをたどる
会  場 大英寺信徒会館ホール
参加無料
第一部 現善光寺本堂造営と松代藩の役割 元禄13年のキャッチボール
     講演 原田和彦氏(真田宝物館学芸員)
第二部 ……如来さまの微笑み…… 回向柱の文字を読み直す
     対談 ◆福島貴和(善光寺玄証院住職)
        ◆藤沢さくら(庶民信仰伝承の会会員)
        ◆水野成貞(作家・編集者)  

大学との連携事業
神奈川大学西和夫教授と連携し、神奈川大・松代町まちづくり研究所の推進
信州大学農学部造園科佐々木邦博教授ゼミとの連携による庭園都市松代の推進
清泉女学院短期大学との連携による松代のフィールドワークの推進

4、まちの案内処事業の推進
○ギャラリーの開催
5月17日(土)〜25日(日)君ヶ嶽助三郎錦絵展・カヤマギャラリー
5月24日(土)江戸大相撲「君ヶ嶽助三郎ものがたり」出版記念ギャラリートーク   

講師 丸山日出夫氏
10月18日(土)〜11月24日(祝)
○信州松代まるごとミュージアム開催
「ふるさと松代人物館」近代日本に足跡を残した松代びと30人展
 江戸後期以後、明治、大正、昭和と、松代からは、さまざまな分野で活躍した人々がいます。

しかしながら、地元でもあまり知られていない人もいます。そこで、近代日本に足跡を残した

人々30名を選んでパネル化し紹介しました。
会  場 カヤマギャラリー他・木町通り協賛店舗
10月18日(土)〜11月24日(祝)
松代川柳会作品展 松代川柳会
期日 10月18日(土)〜11月24日(祝)
楽しく遊ぶ折り紙展 エコール・ド・まつしろ「折り紙専科」
期日 10月18日(土)〜11月24日(祝)
絵手紙作品展 ほほえみの会
10月24日(金)〜26日(日) 思い出の布をまっとった市松人形展
    会場 松真館(松代町石切町・大林寺前
11月26日〜12月10日 松代病院ギャラリーにて「近代日本に足跡を残した松代びと30人展」開催
12月10日〜25日 長野県広報番組にて長野ケーブルテレビ取材により信州松代まるごと

ミュージアム開催について清泉女学院短期大学のお宝発見ツアー開発の様子や「ふるさと

松代人物館」近代日本に足跡を残した松代びと30人展の様子を全県下の有線テレビ同時

放送により毎日報道されました。
○ 3月1日〜4月5日松代でひなまつりの一環としてお雛様を展示、オリジナル雛のオーク

ション会場として提供しました。ぶらり北信濃ひな巡りスタンプラリー会場としてスタンプと

投票箱を設置しました。
3月7日(土) 布のミニ雛づくり(カヤマギャラリー)
3月15日(日) 第2回信州松代投扇興選手権大会 大英寺信徒会館 
3月23日〜3月29日 ぶらり北信濃ひな巡りの一環として高橋まゆみさんのオリジナル雛

人形を展示しました。
投扇興 昔遊びの発掘と普及
6月29日(日)6月の投扇興 松代支所2階和室
7月27日(日)7月の投扇興 松代支所2階和室
8月24日(日)8月の投扇興 大英寺
9月28日(日)9月投扇興味 松代支所2階和室
10月11日(土)・12日(日)真田まつり 文武学校にて投扇興
12月14日(日 12月の投扇興
1月25日(日)1月の投扇興・おやきやで会食
2月22日(日)2月の投扇興 松代支所2階和室

5、視察研修受け入れ講師派遣事業の推進
5月17日 上越市教育委員会視察受け入れ
6月 2日 筑波大学生調査受け入れ
7月29日 村井知事松代視察受け入れ 
8月 5日 長野市景観審議委員視察受け入れ
8月 8日 東条ふれあい交流広場・ふれあい講座講師派遣
 8月26日 武蔵野大学調査受け入れ
9月 4日 富岡市製糸場協議会視察受け入れ
9月 6日 表千家泉会松代視察受け入れ
9月16日 県元気づくり支援金監査委員視察受け入れ
9月27日 清泉女学院短大生お宝発見のワークショップ受け入れ
9月28日 元気づくり支援金活動事例発表 アゼリア飯綱
10月4日 清泉女学院短期大学生視察受け入れ
10月9日 松代中学校夢空間見学受け入れ
10月15日 御代田町景観を考える会視察受け入れ
10月18日 小川村講演 講師派遣
10月25日 全国路地サミットin長野シンポジウムパネラー派遣
10月27日 熊本県山江村視察受け入れ
10月27日 大町市美麻地区地域づくり会議視察受け入れ
10月29日  清泉女学院短大国際コミュニケーション学科講師派遣
 10月30日  全国社会教育大会事例発表(若里文化ホール)
 11月 4日 愛知県町村会議員視察受け入れ
  11月8日    県ボランテイア研究集会小布施シンポジスト派遣
11月13日「都市計画」編集者取材受け入れ
1月15日   清泉女学院短大プレゼンテーション4名派遣
 11月18日  人吉市(熊本県)講師派遣
11月23日 前橋市視察受け入れ
11月25日 東京「地域活性化センター」視察受け入れ
12月26日 金沢市陶芸家視察受け入れ
1月23日  諏訪市企画部視察受け入れ
 3月16日・17日人吉市視察受け入れ
3月18日  岐阜県商工会議所研修会講師派遣
(視察受け入れ 小俣光弘氏・飯島宣公氏・山岸園子氏・小川久雄氏他事務局)
(講師派遣 丸山日出夫氏・小川久雄氏・香山篤美氏)

6、関連団体事業
1月 4日(日)須磨子忌開催協力 須磨子墓所にて
 2月18日(水)松代地区社会福祉協議会まちの縁側づくりに参加松代支所
 3月1日〜4月5日 松代でひままつり実行委員会へ参加し松代でひなまつりを推進しました。
 3月1日〜4月5日 北信濃ひなめぐり実行委員会へ参加して北信濃ひなめぐりを推進しま

 した。エコールドまつしろ倶楽部に専科登録し専科長会議に参加、「まち歩き」を開催しました。

7、諸会議
5月31日(土)平成20年度総会開催 午後6時より
          会場 伊勢町公民館
5月22日 監査会
5月26日 理事事務局合同会議
8月23日   〃
12月20日  〃
1月17日   〃
その他理事事務局が必要に応じて打ち合わせを行なった。

8、その他
 9月29日(月)19年度県地域発元気づくり支援金優良団体表彰       
 11月5日(水)長野市景観審議会特別賞受賞 メルパルク
 信毎、長野市民新聞等で活動内容が随時報道されました。

 

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

平成19年度事業報告

当会は平成13年より「信州松代まるごと博物館構想」実現を目指して、住んで暮らしやすい、訪れて心憩えるまちづくりに取り組んでまいりました。
平成19年度は当会の応募等により「美しい日本の歴史的風土100選」に松代が選定されたのを受けて、年間を通じて記念講演会や、まるごとミュージアムの開催などの記念事業を行いました。
登録文化財推進委員会では、国の登録有形文化財の推進をはかり合計26か所51件が登録されました。神奈川大学と連携して、神奈川大学・松代町まちづくり研究所を開設しまちづくりシンポジュームを開催しました。武家屋敷のお庭拝見を通じて松代の泉水、泉水路の魅力を伝え、登録記念物の推進に寄与しました。
松代学講座運営委員会では、前期後期計6回の講座を開催し、松代の歴史、文化、人物の掘り起こしを行いまちづくりに生かす取り組みをしました。
松代城周辺や象山地下壕に集中している松代観光を、松代全体に広めていくために、まちなかの魅力を紹介する各種散策会を開催。絵地図を作成し、20か所に案内板を設置しました。また、関係グループ団体、商店街の協力を得てまるごとミュージアムを開催し、まちなかの魅力作りに取り組み賑わいを創出しました。
各種団体、各地区とのネットワークを築きまちづくりの推進を図りました。HPを通じて松代のまちづくりの動きを発信し、各地からの視察を受け入れ多様なネットワークを構築することができました。地方自治法施行60周年を記念して自治功労団体として総務大臣表彰を受けました。

1、 歴史文化の継承事業
(1)登録文化財の推進
4月10日 登録銅版伝達式・講演会
      演題 「文化財建造物の活用について―全国各地の事例に学ぶ―」
      講師 篠原靖志氏(長野市教育委員会文化財課主事)
5月15日 登録文化財推進委員会開催
 7月12日 登録文化財候補調査
8月 2日 登録文化財推進委員会
9月21日 松代の登録有形文化財 26ヵ所・51件になる
9月22日 神奈川大学教授西先生を囲んで文化財保存に関するまちづくり懇談会
11月10日 登録文化財推進委員会開催
12月27日 登録文化財推進委員会開催
1月19日 登録文化財推進委員会午前建物調査、午後登録文化財の会開催
(2)庭園都市松代泉水・泉水路の保存活用
12月15日 信大佐々木邦博教授より登録記念物の推進についてお聞きする
(3) 神奈川大学・松代町 町づくり研究所開設
9月22日 神奈川大学西和夫教授とまちづくり研究所の開設について協議する。
11月24日 神奈川大学・松代町 町づくり研究所開所式開催
2月 8日 シンポジウム
地域の歴史遺産を活かしたまちづくりシンポジウムin松代
基調講演
「小布施まちづくり研究所の歩みと実践」
講師  川向正人氏 東京理科大学・小布施町まちづくり研究所所長
シンポジスト
川向正人氏  東京理科大学・小布施町まちづくり研究所所長
小幡知之氏  (特)長井まちづくりNPOセンター理事長、山形工科短期大学校副校長、 神奈川大学・長井市町づくり研究所 
丸山日出夫氏 長野県文化財保護指導委員、NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会、神奈川大学・松代町 町づくり研究所
コーデイネーター
西 和夫氏  神奈川大学教授 神奈川大学工学研究所「町づくり研究所」所長、

2、 まちめぐり推進事業
(1)各種まちめぐりの開催
4月14日 西条しだれ桜めぐり           24名参加
 4月22日 山城探索会「鞍骨城跡」         12名参加
5月10日 前島邸見学会
5月27日 松代散策 山本勘助をめぐる       25名参加
6月10日 武家屋敷のお庭拝見          185名参加
6月24日 風林火山を巡る「妻女山散策」      29名参加
9月 1日 川中島合戦を歩く 多田超え        9名参加
9月30日 清野の歴史と民話散歩          15名参加
10月21日 信州松代路地裏探検隊          15名参加
11月 3日 お庭拝見               340名参加
11月 4日 登録有形文化財散策ツアー        32名参加
11月10日 松代焼コレクションめぐり        16名参加
12月 9日 古道を歩く 上杉軍が陣地をはった跡などを散策  20名参加
12月23日 第2回松代路地裏探検隊             22名参加
1月16日 「閻魔大王図拝観」と先人の墓所めぐり      50名参加
3月23日 城下町松代のひなめぐり            26名参加
 3月29日 第2回城下町松代のひなめぐり         10名参加
(2)案内版整備
6月17日 歩いて探そう松代の魅力&ワークショップ    15名参加
7月 4日 ワークショップのまとめ
8月 4日 案内看板打ち合わせ
8月18日 案内看板整備検討委員会
8月30日 案内看板作成会議
9月 1日 案内看板作成会議
9月15日 案内看板打ち合わせ
9月30日 案内看板下見・打ち合わせ
10月〜3月案内看板内容検討
3月25日 案内看板設置場所確認
3月28日 案内看板設置工事
 3月29日 案内看板20か所設置完了

3、 まちの案内処推進事業
(1)ギャラリーの開催
4月 5日〜15日 佐倉藩幕末軍装図松代展
4月16日〜30日 一本桜に魅せられて 写真展(写真 宮下忠男氏)
5月 1日〜25日 城下町松代 残したい町屋町並み写真展(写真 小俣光弘氏)
10月20日〜11月20日 信州松代まるごとミュージアム開催
           松代川柳会作品展、旧家に伝わるびょうぶ・掛け軸展
10月27日〜11月 4日 松代古道写真展 (写真 丸山日出夫氏)
10月20日〜10月21日 思い出の着物を仕立てた市松人形展(松真館)
3月15日 布のミニ雛作り (講師 松下登志恵さん)
(2)まるごとミュ−ジアムマップ作成
8月25日 まるごとミュージアムマップ作成会議
9月 4日 ミュージアムマップ打合わせ
12月 5日 ミュージアムマップ打ち合わせ会
12月19日 ミュージアムマップ 製作者とウォッチング
2月 5日 ミュージアムマップ作成会議
2月18日 ミュージアムマップ作成会議
3月31日 マップ完成

4、次世代育成・交流促進事業
7月27日 焼き物づくり 東条小学校
10月22日 小学生による駄菓子屋さんの開催
12月22日 松代に投扇興を広める会(講師 小林良行さん)
1月20日 松代に投扇興を広める会(    〃    )
2月17日 松代に投扇興を広める会(    〃    )
3月16日「第1回信州松代投扇興選手権大会」

5、研修セミナー開催事業
(1)松代学講座の開催
5月18日 松代学講座運営委員会
平成19年度
第一期松代学講座
7月28日 松代学講座「松代の歴史風土と活躍した人物」   23名参加
   講師 原 昌義氏(郷土史研究家)
8月18日 松代学講座 「戌辰戦争と松代騒動」       31名参加
講師 柳澤 哲氏(元長野市誌近世史部会担当執筆者)
9月15日 松代学講座「千曲川中流域の水害と治水の進展」  25名参加
講師 滝沢公男氏(元長野市誌近世史部会担当執筆者)
第二期松代学講座
1月26日 松代学講座 「北国往還と通船」        25名参加
講師 降幡浩樹氏(長野市博物館学芸員)
2月23日 松代学講座 「昭和天皇に漢文学を教授した飯島忠夫」 22名参加
講師 原 昌義氏(郷土史研究家)
3月22日 松代学講座 「松代町の簡易水道と上水道の設置」   10名参加
講師 風間 紀氏(元長野市誌編纂事務主任兼近現代史編執筆者)

(2)美しい日本の歴史的風土100選 松代選定記念講演
5月27日 テーマ「松代の歴史的風土の保全とまちづくり」
        講師 土本俊和氏(信州大学工学部教授)
10月28日 記念講演会「信州松代の歴史的風土の魅力と観光」
        講師 青山佳世氏(フリーアナウンサー)
(3)まちづくり懇談会の開催
12月22日 総務大臣表彰祝賀会・まちづくり懇談会
1月26日 まちづくり懇談会

6.広報出版事業
「信州松代 たてもの36選」、「御城下散歩」、「君ヶ嶽助三郎ものがたり」
7.情報発信事業
(1) 夢空間だよりの発行
月刊A4版4〜8ページ
(2)インターネットによる情報発信
HPおよびブログによる発信

8.他団体との協働・ネットワーク推進事業
(1)まつしろでひなまつり実行委員会への参画
 1月22日 松代でひなまつり実行委員会
2月19日 ひなまつり事務局会議
3月 1日〜4月3日ひなまつりの展示参加
3月 1日 松代ひなまつりオープニングイベント 象山神社で「流し雛」
 3月22日 恵明寺 ひな供養
(2)北信濃ひなまつり実行委員会への参画
9月13日 北信濃ひな巡り会議 須坂市
10月30日 北信濃ひな巡り実行委員会 湯田中
11月30日 北信濃ひな巡り実行委員会 中野市
12月17日 北信濃ひな巡り実行委員会 小布施
1月22日 北信濃ひな巡り実行委員会 松代
(3)エコール・ド・まつしろ倶楽部への参加協力
8月24日 エコール・ド・まつしろ倶楽部専科代表者会議
1月28日 エコール・ド・まつしろ倶楽部専科代表者会議
3月 3日 エコール・ド・まつしろ倶楽部専科代表者会議
(4)まちの縁側づくり(地区社協)への参加協力
8月 1日 まちの縁側づくり参加 松代支所
8月21日 まちの縁側づくり交流会参加 
8月22日 まちの縁側づくり参加 松代支所
(5)須摩子忌への参加協力
 1月 5日 須磨子忌 「須磨子を語る」 須磨子芸術倶楽部主催に協力
(6)情報懇との共催事業
 2月12日 ララ、歌は流れる中山晋平物語 上映打ち合わせ会
3月18日 ララ、歌は流れる中山晋平物語 上映打ち合わせ会
 3月29日 映画上映「ララ、歌は流れる中山晋平物語」松代文化ホール 情報懇共催
(7) 長野県地域づくりネットワーク会議への参加
5月17日 地域づくりネットワーク会議開催の会議への参加

9、視察研修受け入れ・講師派遣
(1)視察研修受け入れ
4月28日 上田まちづくりグループ「上田すてき会」視察受け入れ
5月11日 かがり火取材受け入れ
7月18日 視察研修 静岡より視察受け入れ
7月21日 視察研修 石川県より視察受け入れ
7月30日 視察研修 丸子よりの視察受け入れ
9月 8日 視察研修 清泉短大学教授・学生受け入れ
9月25日 視察研修 筑波大学院生受け入れ
9月28日 視察研修 茨城県小美玉市役所受け入れ
10月10日 視察研修 山梨県北杜市女性団体協議会受け入れ
10月15日 区画整理促進機構より取材受け入れ
11月 2日 清泉女子短大よりの研修受け入れ 
11月 4日 視察研修 一ツ橋大学生受け入れ
11月 9日 清泉女子短大訪問インタビュー受け入れ
11月11日 視察研修 館林市まちづくりを考える研究グループ受け入れ
11月13日 日本リサーチ研究所より取材受け入れ
11月15日 視察研修 山梨市駅南地区まちづくり協議会受け入れ
11月22日 視察研修 富岡製糸場周辺まちづくり協議会受け入れ
11月26日 とちぎ協動デザインリーグより取材受け入れ
12月10日 川中島合戦観光案内 山ノ内旅館(全国私学塾)案内
12月14日 元気な地域づくりセミナー(長野地方事務所職員等研修)受け入れ
1月18日 視察研修 山梨大学学生受け入れ
2月13日 視察研修 愛知県町村会
2月15日 淑徳大学 岩村先生・学生2名 取材受け入れ
2月27日 視察研修 笛吹市受け入れ
3月11日 視察研修 岐阜市町づくりセンター受け入れ
3月16日 視察研修 富岡市商店会受け入れ
他各地からの訪問、問い合わせに対応しました。
(2)講師派遣
各地からの講師派遣の要請に対し会員を紹介派遣しました。
 7月 6日 ふれあい交流広場 町内散策ガイド派遣
 8月 3日 ふれあい交流広場 講演会講師派遣
10月22日 童謡の碑めぐり 講師派遣2名
 その他 〇大町青年会議所 講師派遣 〇信大電気関連学会講演会 講師派遣
   〇長野市民公益活動センター 講師派遣 〇清泉女子短大授業 講師派遣
   〇山形県長井町 講師派遣 〇埼玉県彩の国公益連合職員研修会 講師派遣
   〇さわやか福祉財団 講師派遣 

10、諸会議の開催
 5月19日 監査会
 5月21日 理事・事務局合同会議
5月27日 平成19年度総会
6月17日 理事・事務局合同会議
8月18日 理事・事務局合同会議
12月22日 理事・事務局合同会議
ほか理事事務局随時打ち合わせ会議開催

11、マスコミ、各種専門誌掲載
信毎、長野市民新聞、週刊長野、他随時掲載 
有線放送、長野放送テレビにて放送 各種まちづくり関係団体雑誌に掲載

12、その他
11月20日 地方自治施行60周年記念式典出席
       地方自治功労者総務大臣表彰を受ける
12月19日 長野市長へ表彰報告・表敬訪問(理事他)

   NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

    平成18年度事業報告

来る5月27日NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会の総会が開催されます。
総会に先立ち、平成18年度事業の報告をいたします。

当会は平成13年より「信州松代まるごと博物館構想」実現をめざして、住んで暮しやすい、訪れて心憩えるまちづくりに取り組んできました。
近年、松代城から象山地下壕への観光客の入り込みが増加してきたことを踏まえて、松代全体の回遊性をたかめるため、歴史的建造物を保存活用し、中心市街地や周辺里山の散策コース開発とガイドブックの作成、まちめぐりガイドセンター充実とギャラリー化を推進し、市街地の賑わい創出に取り組んできました。大河ドラマ風林火山に対応し「信州松代夢空間めぐり」に風林火山散策コースを追加し発行しました。また、松代の風土を解き明かし今後のまちづくりに生かしていくために地域学として松代学講座を開講しました。
武家屋敷・町屋等の探索会と調査活動に基づき、登録文化財推進委員会のバックアップにより「松代登録文化財の会」が発足し、協働で国の登録有形文化財の申請活動をすすめた結果、歴史的建造物の所有者の理解と市教育委員会文化財課の協力を得て、現在までに20ヶ所40建造物が登録され、案内板を設置し歴史的建造物保存活用の気運を高めることができました。また、北信濃各地区との連携による「北信濃地域づくりサミット」の開催、「ぶらり北信濃ひなめぐり」開催など広域ネットワークによる地域活性化につとめました。
ホームページやブログにより松代の魅力を全国に紹介し、松代を訪れる人々を増やす取り組みを行い、まちづくり視察を積極的に受け入れ全国のまちづくりとの交流を深めました。

1、まちめぐり事業の推進
4/16 「桜花の松代西条お寺めぐり」    40名参加
       講師 松代文化財ボランティアの会
4/23 「尼巌山の自然と歴史探訪」 東条夢と共催
6/11  城下町松代のお庭拝見       48名参加
7/9  松代東条 山里ウォーキング    10名参加
       講師 中澤光男さん・斉藤栄一さん(東条夢代表)
9/2  山城探索「清滝城跡」       
       講師 丸山日出夫さん(長野県文化財保護指導委員)
9/10  クイズで巡る松代散策 西条    15名参加
       講師 丸山日出夫さん(長野県文化財保護指導委員)
9/23  松代の民話散歩          25名参加
       講師 青木貞元さん(民話研究家)
10/1  山城探索「戸山城」
       講師 丸山日出夫さん(長野県文化財保護指導委員)
10/15  古樹めぐり            32名参加
       講師 八田幸三さん(林業技士)
11/3  武家屋敷のお庭拝見            69名参加
11/23  松代山里ウォーキング「欠・豊栄の魅力探訪」26名参加
       講師 小川久雄さん(まちづくりプランナー)
12/3  城下町松代のお寺めぐりツアー       33名参加
       講師 松代文化財ボランティアの会
1/5  松井須磨子墓参り(須磨子忌)          
1/16  龍泉寺閻魔大王図拝観           50名参加
3/18  ひなめぐりツアー(松代文化財ボランテイアの会共催) 10名参加
3/25  ひなめぐりツアー(松代文化財ボランテイアの会共催) 10名参加

2、町屋等保存再生事業推進(登録文化財推進委員会)
4/18  登録文化財推進委員会会議
6/15  登録文化財候補現地調査 登録文化財推進委員会
6/16  7ヶ所10件が文化庁より登録有形文化財として答申された
6/29  登録文化財推進委員会
6/30  長野市教育委員会に登録文化財として4ヶ所7件を申請
7/15  登録文化財推進委員会打ち合わせ会
7/10  登録文化財所有者の会結成準備会
7/18  長野市教育委員会による申請分の文化財調査に同行
7/20  登録文化財登録証銅板プレート伝達式開催
8/18  旧前島家活用提案検討会
8/23  市との協同事業提案発表会
8/29  「登録文化財の会」設立総会
8月末  旧前島家住宅の活用案応募
9/9  登録文化財推進委員会・登録文化会合同会議
10/12  登録文化財推進委員・文化財の会合同会議 
11/16  登録文化財推進委員会
12/12  登録文化財推進委員会 長野市文化財課と懇談会
12/26  長野市教育委員会に登録文化財申請 第4次分 2カ所4件を申請
1/10  登録文化財候補写真撮影
1/17  まちづくり研究会 講師 文化庁江面調査官 長野県・長野市参加
2/20  登録文化財推進

3、まちの案内処「まちめぐりガイドセンター」推進事業
(1)ギャラリー事業の推進
10/7・8 松代藩矢澤家秘蔵の「川中島合戦図と絵馬展」
10/21・22 「世代をこえて蘇る市松人形展」春原志寿江人形教室
11/1〜8 「巨木に魅せられて」カヤマギャラリー写真展
        長野市富竹 宮下忠男さん撮影
11/21〜26 戸塚刺繍展示会 カヤマギャラリー
6/15〜19年5月末  「松代の四季写真展」山寺常山邸土蔵ギャラリー
(2)体験工房の推進
5/14  講座「紙粘土で作る五月人形」      11名参加
       講師 大島良明さん(松代美術協会事務局)
3/4  ミニひなづくり講座           15名参加
       講師 松下登志恵さん(紙ふうせん)
(3)活動センターの推進
印刷機の貸し出し・会場貸し出し
まちづくり団体の活動活発化への支援のため、印刷機の実費貸し出しを行った。
(松代文化財ボランテイアの会、松代情報通信懇話会、松代にアンズを広める会、
長野国際音楽祭他)まちづくり団体の会合のために会場貸し出しを行った。

4、次世代育成
6/13  松代高校美術部生徒と今年度の活動について
7/29  東条小学校 焼き物づくり 
10/3  松代小学校6年生 総合学習に対応
冊子の小中高生の活用促進

5、研修セミナー開催事業
(1)松代学講座の開催
第一期松代学講座
7/29  松代学講座開講
松代学講座「明治時代の松代の青年会の活動に学ぶ」 19名参加
       講師 古澤友三郎さん(元長野市誌編纂室 編纂専門主事)
8/26  松代学講座「松代出身の児童文学者 塚原健二郎」  26名参加
       講師 和田 登さん(児童文学作家)
9/16  松代学講座「松代が生んだ江戸時代の俳人 倉田葛三」27名参加
       講師 矢羽勝幸さん(ニ松学舎大学文学部国文学科教授)
10/20  松代学講座反省会
第二期松代学講座
11/27  松代学講座第二期企画会議
1/20  松代学講座「肉親への手紙等にみる人間栗林忠道」   65名参加
       講師 高木 寛さん(元長野市誌編纂室 編纂専門主事)
2/24  松代学講座「要路から外れた松代の交通網整備への努力」26名参加
       講師 古澤友三郎さん(元長野市誌編纂室 編纂専門主事)
3/17  松代学講座「農民詩人中村柊花と若山牧水」      31名参加
       講師 三澤静子さん(エコール・ド・まつしろ倶楽部中村柊花と若山牧水専科)

(2)セミナ−講演会シンポジューム
4/8  須磨子生誕120周年記念講演会 松代情報懇と共催
      「生誕120周年の須磨子」講師 堀井正子さん(近代文学研究家)
8/29  松代の歴史的建造物保存講演会
「松代の歴史的建造物の調査から見えてきたもの」   60名参加
       講師 西 和夫さん(神奈川大学工学部建築学科教授)
9/30  講演会「庭園都市松代の水路網の発達」       25名参加
       講師 佐々木邦博さん(信州大学農学部教授)
       報告「伝統環境保存事業について」〜時が語りかけるまち・松代〜
        春原一男さん(長野市教育委員会文化財課係長)
11/3  北信濃地域づくりサミットin松代          81名参加
       お庭拝見の後、サンホールマツシロにて開催
       基調報告 八田慎蔵さん(エコール・ド・まつしろ倶楽部運営委員長)
       シンポジューム
テーマ 「地域資源を活かしたまちづくり」
       鷲尾恒久さん 小菅むらづくり委員会事務局長(飯山市)
       木村 宏さん なべくら高原森の家支配人(飯山市)
       関 千尋さん おもしろ夢倶楽部(山ノ内町)
       前田隆男さん 小布施景観研究会(小布施町)
八田慎蔵さん エコール・ド・まつしろ倶楽部運営委員長
   コーディネーター
 香山篤美さん NPO夢空間松代のまちと心を育てる会事務局長
11/19  松代まちづくり講演会「歴史的建造物保存活用によるまちづくり」 35名参加
       講師 西村幸夫さん(東京大学工学部建築学科教授)
2/28  シンポジウム打ち合わせ
3/12  団塊世代のまちづくり懇親会
3/13  団塊世代のまちづくりシンポジウム      50名参加
     「生活者の観点からの地域活性化・まつしろ地域シンポジウム」
       鈴木輝隆さん(江戸川大学社会学部ライフデザイン学科教授)
       金井政明さん(蒲ヌ品計画代表取締役、専務取締役商品本部長)
       野口 稔さん(共同通信社メディア局担当部長、北鎌倉湧水ネットワーク代表)
       福盛田結花さん(日本テレネット梶u日刊ブログ新聞ぶらっと!」チーフディレクター)
       益田祐美子さん(映画&コンテンツ製作プロデューサー、平成プロジェクト代表)
       八田慎蔵さん(エコール・ド・まつしろ倶楽部)
       熊木のり子さん(ホイサッサ松代)
       香山篤美さん(NPO法人夢空間)
(3)まちづくり懇談会の開催
8/26  まちづくり懇談会
12/22  まちづくり懇談会

6、広報出版
7/10 松代里めぐり「東条」発刊(A4版)
 信州松代夢空間めぐり(風林火山版増ページ)追加発刊
7、情報発信
(1)夢空間だよりの発行
毎月発行(年12回)A4版4~8ページ
(2)インターネットによる情報発信
ホームページによる活動成果発信
6/24  ブログ開設(ブログ体験講座出席)
以降ブログによる松代情報の発信
8、他団体との協働
(1) エコール・ド・まつしろ倶楽部への参加協力
まちめぐり専科として各種まちめぐりの開催参加協力
12/25  エコール・ド・まつしろ倶楽部専科代表者会議
3/12  エコール・ド・まつしろ倶楽部専科代表者会議
(2) ひなまつり実行委員会
12/20  松代ひなまつり実行委員会
12/21  北信濃ひな巡り実行委員会 須坂市
2/22  北信濃ひな巡り実行委員会・袋詰め 須坂市
2/28  松代ひなまつり飾りつけ
3/3  北信濃ひな巡りひなめぐりオープニングイベント参加(松代・山ノ内)

9、視察受け入れ・講師派遣
4/8  上越教育大視察受け入れ
5/23  信州新町視察受け入れ
8/7  松川町社会福祉協議会ボランティア連絡会視察受け入れ
8/19  淑徳大学視察受け入れ
9/13  上越教育大学受け入れ
9/23  新潟県新発田市まちづくり研修受け入れ
9/28  上越教育大学受け入れ
10/28  大町市美麻地区地域づくり研修会講師派遣 小川久雄さん
10/4  山形県鶴岡市櫛引町地域づくり団体視察受け入れ
10/16  東京地域活性化センター取材受け入れ
11/11  地域づくりフォーラム報告会 松本にて 小川久雄さん報告
12/2  大町市美麻地区視察受け入れ
12/5  山ノ内旅館おかみさんや須坂・山本勘助めぐり 小俣光弘さん案内
1/14  地域活性化センター視察受け入れ
1/27  もんカフェ 講演 小川久雄さん
2/2  日本リサーチ総合研究所 視察受け入れ
2/12  千葉県佐倉市 視察受け入れ
3/3  山梨大学視察受け入れ
3/10  国土交通省北海道開発局視察受け入れ
3/22  一ツ橋大学生取材受け入れ
10、 諸会議の開催
5/25  監査会
5/27  18年度総会
5/22  理事・事務局合同会議
6/17  理事・事務局合同会議
8/11  理事・事務局合同会議
12/22 理事・事務局合同会議
ほか理事事務局随時打ち合わせ会議開催
11、マスコミ等掲載
信毎 市民新聞 週刊長野等 随時掲載
季刊まちづくり、電源地域雑誌、月刊地域づくり他に夢空間の活動紹介記事が掲載される



 

夢空間の発足の経緯とその後の歩み

長野市市民公益活動センターで開催された研修会に向けて
まとめた資料をご紹介します。
この研修会用の資料はゼロから会を立ち上げ
仲間を広げ、地域に溶け込んできた経緯を映像で紹介すると
ともに、NPO夢空間の歩みを振り返って
普遍化できるグループワークのキーワードを探し出すことを
狙いにまとめました。
「夢空間の発足の経緯とその後の歩みにみるグループワークのキーワード」

平成12年度「中心市街地活性化基本計画」長野市松代地区
まちづくりビジョンの作成  行政 会議所 住民 ワークショップ
      ↓
平成13年1月「信州松代まるごと博物館構想」ビジョンの確立
↓  (地域資源を活かして町の活性化)
担い手は誰か? 行政・会議所・住民
      ↓
平成13年2月一般市民が主体のまちづくりへ有志を募る趣意書作成(一級建築士と2人)
      ↓                       ⇒この指とまれ
会議所まちづくり委員会の賛同を得て呼びかけ人になってもらう2人+5人
      ↓
会議所の議員総会で一般市民参加のまちづくり団体づくりの承認を得る
      ↓                       ⇒お墨付きを得る
一般市民への呼びかけ・一人一人賛同者を募って歩き呼びかけ文に追加
      ↓                       ⇒同志を得る
30名になった段階で準備会立ち上げる
↓                             ⇒輪を広げる
4回の準備会で名称・会活動内容・規約・組織体制・役員等の骨格を固める・誰でも参加OK
↓           ⇒企画段階からの参画により中核メンバーを得る
平成13年6月25日設立総会開催(100名)     毎月ニュース発行⇒情報の共有化
↓        ⇒やる気を高め、報道による広報により地域の認知を得る
ワークショップによる松代のいいところ探し(まちづくりプランナー小川久雄氏参画)
↓       ⇒知恵を寄せ合う(ブレーンストーミン異論を排除しない)
9月  武家屋敷のお庭拝見開催(県内から300人参加)⇒成功体験・外部からの目
(信大農学部造園学科佐々木邦夫教授との連携確立)⇒専門家との協力関係

10月  町屋・街並みウッチング(20名参加)       ⇒フィールドワーク
    (長野県文化財保護指導委員丸山日出夫氏参画)      ⇒専門家の参画

12月 町屋保存へ市長陳情(市議会議員さんと)       ⇒行政への提言↓
↓ ⇒会員の拘束をしない 常にオープン去るものは追わず来るもの拒まず
1月3日 古寺めぐり(100名参加)    ⇒意識変革 ダメな松代からすごい松代へ
↓継続により一連の町探索会で町の素晴らしさ実感し住民意識の大転換起こる
1月〜3月 まちづくりセミナー「松代学事始め」の開催
人物シリーズ・歴史シリーズ⇒平成18年より「松代学講座」前期後期各3回
↓      ⇒地域学・/地元学⇒地域の特質を知りアイデンテイテイーを確立
平成14年度より国土交通省「街並み環境整備事業」松代へ導入、中心市街地活性化協議会
       ↓ 夢空間メンバーの参画   ⇒立場を使い分け住民に溶け込む
平成13年10月〜〜平成14年6月
山寺常山邸活用ワークショップ6回開催⇒地元・関係部局・市長へ用案提言⇒住民参画

平成14年6月20日NPO法人認証
↓         ⇒ミッションの明確化と責任ある組織体制を整える
松代高校美術部・松代仏教会の協力を得、寺めぐりスタンプの整備(32ケ寺)
↓          ⇒ブリコラージュ(パッチワーク)
平成14年7月 市長の移動市長室NPOが受け入れ・松代イヤー提言
↓          ⇒行政との協働
(松代イヤー・エコール・ド・まつしろへの協力)

平成15年 歩いて楽しいまちづくりへ散策ルート18コース開発とガイドブック作成
↓      ⇒関心分野によるプロジェクトチームづくり(6チーム)
ミッションの再確認⇒「地域資源を掘りおこし磨き上げて町を元気にする」
           住んで暮らしやすい訪れて心憩えるまちづくり
↓     ⇒会の進展・周辺の環境変化により会のミッションを確認
平成16年4月エコール・ド・まつしろ開幕「夢空間めぐり」1000部完売

登録文化財推進委員会結成し勉強会(出前講座)・先進地視察・現地調査
↓      ⇒行政との連携 ⇒先進事例を知る 
市教育委員会文化財課・神奈川大学西和夫教授との連携が強まる
       ↓
「町屋・街並み」「武家門」「寺めぐりスタンプ」散策ガイドブック発刊
↓      ⇒活動成果を市民に公開し共有化
平成17年〜登録文化財申請本格化100ヶ所目標⇒26ヶ所51件登録へ
↓⇒点から面へ、数を力に面的整備目指す重要伝統的建造物群保存地区等
周辺里山の魅力探索会⇒「東条」「西条」ガイドブック作成発刊
       ↓  ⇒一人一人の個性を活かす・人材を活かす、地域の魅力を掘り下げる
平成17年末〜平成18年3月 北信濃ひなめぐり開催(松代須坂/小布施中野山之内)⇒
「武家屋敷・町屋等保存活用研究会」立ち上げて金箱邸保存研究   /広域ネットワーク
西和夫教授・文化庁調査官・NPO文化活用協会による現地見学会講演会開催
↓       ⇒緊急事態へ迅速な対応・短期決戦キャンペーン
金箱邸保存活用へ⇒地域団体の理解を得て行政へ・市民全体の宝へ
↓       ⇒手柄を自分のものにしない相手を立てる
古都100選応募     ⇒人脈・ネットワーク
↓助成団体より担当者から連絡あり⇒活動成果を活かす・チャンスを活かす
平成19年2月古都保存財団・美しい日本の歴史的風土100選松代選定

平成19年3月「松代のたてもの36選発刊」

平成19年10月〜11月美しい日本の歴史的風土100選松代選定記念
「信州松代まるごとミュージアムの開催」         ⇒市民へ広める
(観光・商店街・まちづくり・福祉・学校を繋ぎ町を元気に)⇒コーデイネート

平成19年11月24日
「神奈川大学・松代町 まちづくり研究所」開設

⇒「熱い心」と時代や国の動きを見極めて先を展望する「クールな頭」の両輪
NPO夢空間松代のまちづくりブログ

平成26 年度27年度理事事務局ご紹介

 顧問       山本 和男
 相談役      小山 實  

  同       五明 國廣
  同       北村喜美男
  同       内川 洋子 
 理事長     香山  篤美
 副理事長    内山  国男       

  同        小俣  光弘

  理事      飯島  宣公

    理事兼事務局長

          三田今朝光

    同       小川  久雄
  同        丸山日出夫

  同       小河原洋章

  同       栗林  秀夫

  同       山岸  園子
  同       堀   明雄

  同       北沢  忠雄

  同       山本   薫

  同       小山  修也

  同       西村  知子

  監事       八田  幸三

  同       須田 範子

 事務局     松浦冨美子
           平林 紀子  

        他ボランテイアスタッフ

 平成26度会員数168名です。

 

組織図

       会員 ―     総会   

                  |

       事務局 ―   理事会  ―  理事事務局合同会会議 

                  | 

             各種プロジェクトチーム

ようこそNPO夢空間のHPへ

NPO夢空間のHPにようこそ!
信州松代のまちづくりに取り組んでいる

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会の理事長

香山篤美と申します。
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会は

平成13年6月に任意団体として住民有志100名で発足し

翌年6月にNPO法人の認証を受けて以来
信州松代の歴史 文化 自然 人物など地域に潜在する
資源を掘り起こし、光を当てて磨きあげ全国に発信して
住んで住安く訪れて心憩えるまちを目指して
住民によるまちづくりに取り組んで来ました。
このHPをご覧頂いて松代に関心を持って頂き
松代を訪ねていただくきっかけになったらうれしく思います。
皆さまのお越しをお待ちいたしております。

視察研修受け入れ実績

◆まちづくり視察研修・行政視察・議員視察の受け入れ、講師派遣

信州松代のまちづくりに注目が集まり、全国各地から視察が相次いでいます。
長野市松代町は真田十万石の城下町として歴史的文化遺産が集積した町です。
昭和41年長野市に合併して以来、大長野市の中に埋没し、文化遺産を十分に生かす
事が出来ずに長い間低迷していましたが、平成になって高速道長野インターが松代に
開設されて以来、住民によるまちづくり活動が活発し、行政のバックアップも得て
観光の町松代としてクローズアップされてきました。
各地からの視察が相次ぐ中で、松代のまちづくりに取り組んでいる
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会では
「文化遺産を活かしたまちづくり」「住民参加のまちづくり」などをテーマにした
松代のまちづくり視察受け入れおよび講師派遣を行っています。
まちづくり視察、講師派遣をご希望の方は下記HPをご覧頂いた上
お問い合わせください。
皆さまのお越しをおまちいたしております。
NPO夢空間HP
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
〒381−1231
長野市松代町松代(伊勢町)577
026−278−1277
平成13年6月に会発足以来、NPO夢空間松代を窓口に、多くの方々に松代のまちづくり視察に訪れていただきました。ありがとうございます。

平成13年発足以来の主な視察研修受け入れ・講師派遣先の紹介をさせていただきます。

平成13年
平成13年11月  福井県丸岡町議会様視察受け入れ

平成14年
平成14年 2月    島根大学教授様他視察受け入れ
平成14年 5月 5日鳥取県国府町議会議員様視察受け入れ
平成14年 6月 5日埼玉県坂戸市ボランティア連絡協議会様視察受け入れ
平成14年 7月 6日長野市浅川西条地区区長様訪問受け入れ
平成14年 7月10日新潟県豊栄議員様視察受け入れ
平成14年 8月 8日鳥取県鹿野市議会様視察受け入れ
平成14年 8月31日長野大学安井ゼミ学生様視察受け入れ
平成14年11月20日新潟県高柳町議員様視察受け入れ
平成14年12月27日信州大学農学部造園学教授学生様研究受け入れ

平成15年
平成15年 2月 1日豊野町公民館館長様他訪問受け入れ
平成15年 2月17日長野大学助教授様訪問受け入れ
平成15年 2月21日大町市役所・大町建設事務所様他視察受け入れ
平成15年 2月24日山形県上山市議員様視察受け入れ
平成15年 2月27日信州新町老人クラブ会長様訪問受け入れ
平成15年 2月28日長野県NPOセンター交流会へ会員派遣

平成16年
平成16年 5月29日金沢学院大学様視察視察受け入れ
平成16年 9月22日信大農学部学生様来訪受け入れ
平成16年10月11日信大生様調査来訪受け入れ
平成16年10月12日立教大大学院生様まちづくり研究受け入れ
平成16年10月21日山ノ内町様視察受け入れ
平成16年11月12日大分県湯布院様訪問受け入れ
平成16年11月15日柏まちづくりサロン様(千葉県)視察受け入れ

平成17年
平成17年 2月 2日長野県・長野市様視察受け入れ
平成17年 3月27日美麻村様視察察受け入れ
平成17年 3月28日東海村視察受け入れ
平成17年 3月29日長野地方事務所様訪問受け入れ
平成17年 6月 3日 津和野町議会様視察受け入れ
平成17年 6月 8日木曽郡四町村合併協議会様視察受け入れ
平成17年 6月21日三重県伊勢河崎まちづくり衆様視察受け入れ
平成17年 7月 7日岩手県北上市江釣子商工会様視察受け入れ
平成17年 7月10日JATA中尾様視察・取材受け入れ
平成17年 7月10日江戸川大学鈴木輝隆様・ニセコ片山様・美麻村前川様日本開発地域様視察
平成17年 9月17日飯山市小菅地区へ地域づくりの視察研修派遣(案内小川久雄氏他)
平成17年 9月21日大林宣彦映画監督様他訪問受け入れ
平成17年11月10日鳥取市社協様視察受け入れ
平成17年11月15日長野南青年会儀所様シンポジュームへのパネラー派遣
平成17年11月24日電源地域センター様取材受け入れ
平成17年11月25日十日町様まちづくり研修会講師派遣
平成17年11月30日横浜神奈川区役所様視察受け入れ
平成17年12月 2日横浜市役所様視察受け入れ
平成17年12月 4日高崎市美術館様よ訪問受け入れ

平成18年
平成18年 2月 2日電源地域センター様取材受け入れ
平成18年 2月 3日ニセコ様訪問受け入れ
            電源地域センター主催地域振興セミナー様へパネラー派遣
平成18年 3月 5日鳥取市様視察受け入れ
平成18年 3月23日新潟県十日町松代(まつだい)地区様まちづくり視察受け入れ
平成18年 4月 8日上越教育大様まちづくり研究受け入れ
平成18年 5月23日上越教育大学様まちづくり研究視察受け入れ
平成18年 8月 7日信州新町様まちづくり視察受け入れ
平成18年 8月19日松川町社会福祉協議会ボランティア連絡会様まちづくり視察受け入れ
平成18年 9月 2日淑徳大学様まちづくり研究受け入れ
平成18年 9月13日松本盲学校PTA様研修会受け入れ
平成18年 9月20日松本盲学校PTA様研修会受け入れ
平成18年 9月23日新潟県新発田市様まちづくり研修視察受け入れ
平成18年 9月28日上越教育大学様まちづくり研究取材受け入れ
平成18年10月28日大町市美麻地区地域づくり研修会様講師派遣
平成18年10月 4日山形県鶴岡市櫛引町地域づくり団体様視察受け入れ
平成18年10月16日東京地域活性化センター様取材受け入れ
平成18年11月11日地域づくりフォーラム報告会様(松本)パネラー派遣小川久雄さん
平成18年12月 2日大町市美麻地区様まちづくり視察受け入れ
平成18年12月 5日山ノ内、須坂・山本勘助めぐり視察受け入れ小俣光弘さん案内

平成19年
平成19年 1月14日地域活性化センター様取材受け入れ
平成19年 1月27日もんカフェ(市民公益活動センター)講師派遣講演 小川久雄さん
平成19年 2月 2日日本リサーチ総合研究所様まちづくり研究受け入れ
平成19年 2月12日千葉県佐倉市様まちづくり視察受け入れ
平成19年 3月 3日山梨大学様まちづくり研究受け入れ
平成19年 3月10日国土交通省北海道開発局様まちづくり視察受け入れ
平成19年 3月22日一ツ橋大学生様まちづくり研究受け入れ

平成19年 4月28日 上田まちづくりグループ「上田すてき会」様視察受け入れ
平成19年 5月11日 かがり火様取材受け入れ
平成19年 7月18日 視察研修 静岡県様視察受け入れ
平成19年7月21日 視察研修 石川県より視察受け入れ
平成19年7月30日 視察研修 丸子町様よりの視察受け入れ
平成19年9月 8日 視察研修 清泉短大学教授様・学生受け入れ
平成19年9月25日 視察研修 筑波大学院生様受け入れ
平成19年9月28日 視察研修 茨城県小美玉市役所様受け入れ
平成19年10月10日 視察研修 山梨県北杜市女性団体協議会様受け入れ
平成19年10月15日 区画整理促進機構様取材受け入れ
平成19年11月 2日 清泉女子短大様研修受け入れ 
平成19年11月 4日 視察研修 一ツ橋大学生様受け入れ
平成19年11月 9日 清泉女子短大様訪問インタビュー受け入れ
平成19年11月11日 視察研修 館林市まちづくりを考える研究グループ様受け入れ
平成19年11月13日 日本リサーチ研究所様取材受け入れ
平成19年11月15日 視察研修 山梨市駅南地区まちづくり協議会様受け入れ
平成19年11月22日 視察研修 富岡製糸場周辺まちづくり協議会様受け入れ
平成19年11月26日 とちぎ協動デザインリーグ様より取材受け入れ
平成19年12月10日 川中島合戦観光案内 山ノ内旅館様(全国私学塾)案内
平成19年12月14日 元気な地域づくりセミナー様(長野地方事務所職員等研修)受け入れ
平成20年

平成20年1月18日山梨大学学生様視察研修受け入れ
平成20年2月13日 愛知県町村会様視察研修受け入れ
平成20年2月15日 淑徳大学岩村先生・学生2名様取材受け入れ
平成20年2月27日 笛吹市様視察研修受け入れ
平成20年3月11日 岐阜市町づくりセンター様視察受け入れ
平成20年3月16日 富岡市商店会視察研修受け入れ
平成20年5月17日 上越市教育委員会様視察受け入れ
平成20年6月 2日 筑波大学生様調査受け入れ
平成20年7月29日 村井知事様松代視察受け入れ 
平成20年8月 5日 長野市景観審議委員様視察受け入れ
平成20年8月 8日 東条ふれあい交流広場様・ふれあい講座講師派遣
平成20年8月26日 武蔵野大学調査受け入れ
平成20年9月 4日 富岡市製糸場協議会様視察受け入れ
平成20年9月 6日 表千家泉会様松代視察受け入れ
平成20年9月16日 県元気づくり支援金監査委員様視察受け入れ
平成20年9月27日 清泉女学院短大生様お宝発見のワークショップ受け入れ
平成20年9月28日 元気づくり支援金活動事例発表 アゼリア飯綱
平成20年10月4日 清泉女学院短期大学生視察受け入れ
平成20年10月9日 松代中学校様夢空間見学受け入れ
平成20年10月15日 御代田町景観を考える会様視察受け入れ
平成20年10月18日 小川村様講演 講師派遣
平成20年10月25日 全国路地サミットin長野様シンポジウムパネラー派遣
平成20年10月27日 熊本県山江村様視察受け入れ
平成20年10月27日 大町市美麻地区地域づくり会議様視察受け入れ
平成20年10月29日   清泉女学院短大国際コミュニケーション学科様講師派遣
平成20年10月30日  全国社会教育大会事例発表(若里文化ホール)
平成20年11月 4日  愛知県町村会議員様視察受け入れ
平成20年11月8日   県ボランテイア研究集会小布施様シンポジスト派遣
平成20年11月13日 「都市計画」編集者様取材受け入れ
平成20年11月15日  清泉女学院短大様プレゼンテーション4名派遣
平成20年11月18日  人吉市(熊本県)様講師派遣
平成20年11月23日 前橋市様視察受け入れ
平成20年11月25日 東京「地域活性化センター様」視察受け入れ
平成20年12月26日 金沢市陶芸家様視察受け入れ 3名様

平成21年
平成21年1月23日 諏訪市企画部様視察受け入れ20名
平成21年2月4日 東御市社会福祉協議会を拠点に活動するボランテイアの皆様視察受け入れ30名
平成21年3月16日・17日人吉市様視察受け入れ
平成21年3月18日 岐阜県商工会議所様研修会講師派遣

平成21年6月17日高田本町商店街合同研修会様視察受け入れ 43名様

平成21年8月10日「江戸時代の町民の暮らし」講師派遣 丸山日出夫氏(交流広場)

平成21年9月4日 可児市商工会議所女性会様15名の皆さまの松代視察受け入れ

平成21年9月5日 名古屋工業大学松本直司教授様松代視察受け入れ4名様

平成21年9月12日 東松山市行政パートナー様視察研修受け入れ  83名様

平成21年10月29日 熊谷市自治連合会様視察研修受け入れ 200名様

平成21年11月7日 群馬県富岡市から富岡製糸場を愛する会様視察受け入れ44名様

平成21年11月4日 愛知県知多郡東浦町連絡所長様視察受け入れ 9名様

平成21年11月10日 ふるさと財団 地域経営研究所様視察受けいて 

平成21年11月14日 第31回長野県高校生ボランティア研究集会研修受け入れ20名 様

平成21年11月27日 前橋市職員研修様視察研修受け入れ 15名 様

平成21年11月29日 茨城県古河市行政自治会様視察受け入れ 13名 様

平成21年12月3日 福島県柳津町地域づくり懇談会様視察受け入れ 15名様

平成21年12月8日 相模原市津久井町地域自治区地域協議会様視察受け入れ 11名様

平成21年12月18日 静岡県内市議会様視察受け入れ 8名様

平成22年

平成22年1月26日 高崎市新町地区区長会様視察受け入れ             12名様

平成22年 7月 1日(木) 長岡市三島地域区長会様受入    18名様

平成22年 7月27日(火) 愛知県丹羽郡扶桑町議会様受入  12名様

平成22年 8月26日(木) 高山市社会教育連絡協議会様受入 23名様

平成22年 9月 2日(木) 高崎市豊岡地区区長会様受入     8名様

平成22年 9月27日(月) 三浦市区長会様受入         30名様

平成22年10月 1日(金) 富山県南砺市壮連協様受入    20名様

平成22年10月 4日(月) 川越市社会福祉協議会様受入   45名様

平成22年10月 4日(月) NPOなるく様まち歩き受入     13名様

平成22年10月 5日(火) 奈良ヒューライツ議員団様     25名様

平成22年10月 7日(木) 津市自治会連合会久居支部様受入35名様

平成22年10月 8日(金) 十日町市議会様受入         12名様

平成22年10月20日(水) 上尾市コミュニティ推進会議様受入20名様

平成22年10月22日(金) 京都大学大学院人間・環境研究科様受入2名様

平成22年10月23日(土)NPO現代の理論・社会フォーラム様受入17名様

平成22年10月25日(月) 南房総市議会議員様受入       25名様

平成22年10月26日(火) 信濃町ボランティアやよい会様受入 20名様

平成22年10月27日(水) 新道区諏訪区津有区地域協議会様受入21名様

平成22年11月 4日(木) 金沢市議会様受入         10名様

平成22年11月20日(土) 陸平をヨイショする会様受入       17名様

平成22年12月27日(月) 坂城町立村上小学校様社会見学受入 27名様

平成23年

平成23年4月23日(土) 清泉短大国際コミュニケーション科様     30名
平成23年5月27日(土) 清泉短大国際コミュニケーション科様      4名
平成23年6月 1日(水) 清泉短大幼児教育科様             5名
平成23年6月 2日(木) 神奈川県大野北地区自治連合会様       20名
平成23年6月 3日(金) 長野大学前川教授ゼミ生様           5名
平成23年6月 4日(土) 長野清泉短大様               50名
平成23年6月 5日(日) 長野県短期大学様               7名
平成23年6月  6日(月) 長野大学前川教授ゼミ生様           7名
平成23年6月16日(木) 松本市立中川小学校様            11名
平成23年6月16日(木) 石川県小松市陶芸家九谷会様          8名
平成23年6月19日(日) 塩島様同級会                17名
平成23年6月26日(日) 大町市三日町自治会様            36名
平成23年6月27日(月) 北信地区公民館主事様            45名
平成23年6月27日(月) 公民館より ガイドの依頼          45名
平成23年7月12日(火) 岐阜県養老町社会福祉協議会様        12名
平成23年7月14日(木) 埼玉県熊谷市議会市政クラブ様         5名
平成23年7月29日(金) 佐久教育会様                26名
平成23年7月29日(金) 富山県上市町教育委員会様           7名
平成23年7月29日(金) 長野県長水歴史研究会様           40名
平成23年7月29日(金) 長野市東部地区小学校教諭視察研修      40名
平成23年8月 4日(木) 岐阜県恵那市自治連合会様          17名
平成23年8月20日(土) 東京工業大学中村良夫教授様          1名
平成23年8月20日(土) オランダ国立デルフト工科大学 笠真希様    3名
平成23年8月24日(水) 秋田県北秋田市議会総務財政常任委員会様    8名
平成23年9月 4日(日) 岐阜県墨俣連合自治会様            15名
平成23年10月17日(月) 栃木地区民生委員児童委員協議会様      21名
平成23年10月20日(木) 山形県鶴岡地区間税会様           10名
平成23年11月 1日(木) 東京都小平市議会フォーラム小平様       3名
平成23年11月 4日(金) 埼玉県鴻巣市ボランティア連絡協議会様    25名
平成23年11月 9日(水) 長野県千曲市戸倉史談会様          30名
平成23年11月10日(木) 栃木県下多賀郡町村会様            4名
平成23年11月14日(月) 三重県亀山市地区コミュニティ連絡協議会様  17名
平成23年11月15日(火) 神奈川県湯河原町区長連絡協議会様      11名
平成23年11月17日(木) 埼玉県本庄市自治連合会様          70名
平成23年11月18日(金) 山梨県峡南地区教育委員連合会様       24名
平成23年11月21日(月) 東京都町田市民生児童委員協議会様      25名
平成23年11月24日(木) 埼玉県西区自治連合会様           47名
平成23年11月24日(木) 群馬県邑楽郡邑楽町村教育委員会連絡協議会様 23名
平成23年11月24日(木) 梁川義男様まち歩きガイド          10名
平成23年11月30日(水) 新潟県上越市中郷区地域協議会様       15名
平成23年12月 1日(木) 埼玉県東松山市野本支部地域合同研修会様   32名
平成23年12月 2日(金) 埼玉県所沢市吾妻町内会連絡協議会様     45名
平成23年12月 8日(木) 長野県東御市本海野区施設管理運営委員会様  33名
平成23年12月21日(水) 東条小学校 保科先生「象山をめぐる」    44名

平成24年
平成24年3月 2日(金) 北海道はまなす財団様             3名 

平成24年4月21日(土) 山梨県市川三郷町民生委員協議会市川市部様 19名
平成24年5月11日(金) 岡山市議会市民ネット様             6名
平成24年5月16日(水) 鹿児島県薩摩川内市議会事務局様      9名
平成24年5月20日(日) 清泉短大 森田ゼミ様             10名
平成24年5月24日(木) 飯山地域シルバー人材センター様      15名
平成24年5月26日(金) 清泉短大 村田ゼミ様             10名
平成24年5月28日(月) 松本市社会福祉協議会田川支会天     32名
平成24年6月20日(水) 栃木県栃木氏室町89−10 菓子組合 堀越元樹様 13名
平成24年6月26日(火) 松本市立中川小学校様 地下壕見学    11名
平成24年7月 4日(水) 岐阜県海津市議会様               7名
平成24年7月12日(木) 富山県魚津市議会様               8名
平成24年7月20日(金) 千葉県夷隅郡大多喜町会議様        14名
平成24年8月 6日(月) 中野市社会福祉協議会様            30名
平成24年9月 4日(火) 群馬県渋川市市民部市民生活課様        26名
平成24年9月25日(火) 茅野市民生児童委員協議会様         110名
平成24年9月28日(金) 栃木市都賀町自治会長会様           14名
平成24年10月 2日(火) 茅野市民生児童委員城山区様           3名
平成24年10月 3日(水) 栃木県野木町議会総務経済常任委員会様     10名
平成24年10月10日(火) 山梨市役所課長会様             12名
平成24年10月18日(木) 嶺南広域行政組合議会様            22名
平成24年10月18日(木) 栃木県益子町自治会長連絡協議会様       10名
平成24年10月22日(月) 高崎市吉井ブロック区長会様          32名
平成24年10月22日(月) 海野宿保存会様                19名
平成24年10月23日(火) 宇都宮市自治会連合会様            30名
平成24年10月28日(日) 十王地区公民館(山形県西置賜郡白鷹町)様   11名
平成24年10月30日(火) 栃木県益子町文化財保護審議会様         7名
平成24年11月 1日(木) 静岡県伊豆の国市議会観光建設委員会様      9名
平成24年11月 5日(月) 愛知県豊橋市平針学区民生委員研修会様    12名
平成24年11月11日(日) 新潟県村上市三面地域まちづくり協議会様    20名
平成24年11月14日(水) 千曲市社協戸倉地区支部役員様         40名
平成24年11月15日(木) 栃木市国府地区合同研修会様          30名
平成24年11月20日(火) 埼玉県朝霞市役所地域づくり支援課様      40名
平成24年11月21日(水) 栃木市西方町地域協議会様           15名
平成24年11月28日(水) 新潟県上越市中部まちづくりセンター様     15名
平成24年12月 4日(火) 三重県松阪市自治連合会様           40名
平成24年12月 6日(木)  長岡商工会議所様             15名

 

平成25年度視察日程

6月19日(水) 内閣府ふるさとづくり有識者会議様長野県地方事務所様 ふるさとづくり有識者会議長野県視察

7月25日(木)長野県議会総務企画警察委員様14 松代まち歩きセンターの拡充と地域文化の伝承処

9月12()〜9月14日(土)法政大学 馬場憲一先生9  歴史文化を活かしたまちづくり活動のお話

9月21日(土)  東京財団週末学校2013様      8  松代町の住民自治活動について

9月21日(土)  長岡商工会議所様       14  うめたや〜地下壕〜まち中散策

9月25日(水)  栃木市栃木地域まちづくり検討委員会様10  地域資源を活かしたまちづくり・地域づくり

9月26日(木)  埼玉県児玉郡上里町区長会天   60  住民主体のまちづくり、地域づくり総合コース

9月29日(日)  茨城県常陸大宮市美和民生委員協議会様23オレンジキャラバンの劇「認知症を知ろう」

10月3日(木)  ひたちなか市第2地区民生委員児童委員協議会様35 地域福祉の推進とまちづくり

1010日(木) ふかざわくみこ様           10 松代歴史散策

1015日(火)諏訪市都市計画課メンバー様9 地域資源や地域の歴史的文化遺産を活かした取り組みまち並み保存修景とまちづくり

1018日(金)関東ブロック東京事務所総務省担当者連絡会様松代視察16まち歩きセンター地下壕歴道他

1027日(日)特定非営利活動法人SCOP様 12 日本在住外国人モニターツアー

1027日(日)特定非営利活動法人SCOP様 16 カンボジアから観光視察

1029日(火)千葉県睦沢町民生委員児童委員協議会様 30 地域福祉活動やボランティア活動

1029日(火)福井県美浜町民生児童委員協議会様  32 地域福祉活動やボランティア活動

1031日(木)福島県白河市地域協議会等連絡調整会議2様7魅力ある地域と人づくりに向けて

                               〜歴史と文化を活かしたまちづくりを学んで〜

1031日(木)千葉県南房総市富山地区区長会様  18 住民主体のまちづくり

1031日(木)青森県板柳町役場経済課様9 地域資源を活用した地域活性化・空き家・空き店舗の活用

116 日(水)奈良県明日香村議会様         11 住民によるまちづくりの取り組み

1113日(水)栃木市大平地域自治会連合会様   24 住民主体のまちづくり

1115日(金)上越市安塚区地域協議会様      20 住民主体のまちづくり・地域づくり総合コース

 その他常時NPO夢空間事務局にて視察を受け入れました。

2)講師派遣
講師派遣の要請に対し会員を紹介派遣しました。
ふれあい交流広場 町内散策ガイド派遣
ふれあい交流広場 講演会講師派遣
童謡の碑めぐり 講師派遣2名
〇大町青年会議所 講師派遣 〇信大電気関連学会講演会 講師派遣
〇長野市民公益活動センター 講師派遣 〇清泉女子短大授業 講師派遣
〇山形県長井町 講師派遣 〇埼玉県彩の国公益連合職員研修会 講師派遣
〇さわやか福祉財団 講師派遣 

その他各方面へ講師派遣を行っております。

今年度においても常時視察研修の受け入れ・講師派遣を行っていますので

お気軽にお問い合わせください。

視察研修プログラム例←こちらをクリックしてください。

お問い合わせホームよりNPO夢空間事務局へお気軽にご相談ください。

 視察テーマは各地からのご要望に応じて対応しておりますのでご相談ください。

 

NPO夢空間松代の目指すもの

003k.JPG

   信州松代は、すばらしい自然と歴史、文化の薫り高き町です。

   しかしながら住んでいる人々がその素晴らしさにきづいていなかったり全国に向けてその

  良さが充分発信できていませんでした。

 平成12年長野市が松代地区中心市街地活性化基本計画で松代の自然や歴史、文化や

  人な ど松代にある資源を活かして、町全体を博物館にする「信州松代まるごと博物館構想」

  を立案し ました。そこで私たちは、市民参加でこの構想を実現し、住んで暮らしやすい、訪れ

  て心憩える 町にしていこうと、松代をこよなく愛する町内外の方々100名が相集い、平成13

  年6月15日、当会を発足させました。その後、平成14年6月20日、県よりNPO法人(特定非

  営利活動法人) の認証を受けました。(現在会員数約150名)

 

会の目的について
 この法人は、地域住民および訪れる人のため、長野市の策定した、松代中心市街地活性化

  基本計画「信州松代まるごと博物館構想」を実現のため、松代のまちづくりに関する事業を行

  い、 地域の活性化に寄与することを目的としています。


 事業について
 つぎの特定非営利活動に係る事業を行います。

  1. 歴史文化の継承と新たな文化の創造
  2. 松代地区活性化のための各種調査と提案
  3. 次世代(こども・青少年)育成の取り組み
  4. まちづくりのネットワークと情報の発信
  5. まちづくりコンサルタント事業
  6. まちづくりに関わる受託事業

会員・入会(会費)
会費は次の2種です。
 (1) 正 会 員 目的に賛同して入会した個人
 (2)賛助会員 目的に賛同して入会した個人及び団体で総会における決議権をもたないもの。
 入会費

   ・入会費は特に必要ありません。
 会費
   ・ 正会員 年会費1,000円
    賛助会員 年会費10,000円 
   ・会費は1年間単位とします。(4月〜翌3月)
   ・途中入会でも年会費を納入してください。
   ・途中退会する場合は、年会費は返却しません。

 

活動内容

1、文化遺産の発掘と伝承
@ 庭園都市松代の推進
 松代に多く伝わる武家屋敷には泉水や泉水路が整備され周辺の山を借景にした日本庭園

 が多くのご家庭にあります。毎年武家屋敷周辺の「お庭拝見散策会」を開催し庭園都市松代

 の伝統を護り伝える取り組みをしています。

A歴史的建造物の保存再生と文化財登録の推進
 江戸時代の面影を残す土蔵や町屋、武家屋敷、武家の門などを探索する「町屋・町並み

 ウォッチング」を継続的に開催し、保存活用していく為に文化庁の登録文化財に申請する

 取り組みを進め、現在までに26ヶ所51件が登録文化財として登録されました。

B松代学講座の開催

松代の歴史風土を解き明かし、現代のまちづくりに活かしていくために松代学講座を開催しています。

C人物を活かしたまちづくりの推進

多くの人材を輩出してきた松代の歴史風土を解き明かすとともに、松代の先人たちを顕彰し、人物を活かしたまちづくりの推進を図ります。

D民話の採集と絵本、紙芝居の作成普及

松代の民話を採集し、絵本や紙芝居を作成して次世代に伝えます。

2、 まちなかの回遊性を高める取り組み

@寺巡りスタンプの整備
 町内にあるお寺を有効に活かすために、松代高校美術部の生徒に32ヶ寺の寺めぐり

 スタンプのデザインをお願いし整備しました。古寺巡礼(スタンプ集印帖)を作成して、寺巡り

 散策会を実施しています。

 

A案内看板の整備

点在している文化遺産を線につなぎ回遊性を高めるために先人ゆかりの地などに町内に案内看板を整備しています。長野県元気づくり支援金を得て、平成20年度に20ヶ所に設置しました。平成21年度に5ヶ所整備する予定です。

B散策ルートの開発と散策マップ、まち歩きガイドブックの発刊
 まちなかにある資源を活かして散策するルートをテーマ別、地域別に20コースを開発し、まち歩きマップの発行やガイ ドブックの出版をしています。

3、まちなかの賑わい創出

@まち歩きガイドセンターの推進

中心市街地の賑わい創出を図るため、まち歩きガイドセンターの推進やまちの縁側作り推進します。

Aまるごとミュージアムの推進

商店街等との連携によりギャラリーやまるごとミュージアム等を開催します。

B各種まち歩きの推進

まち歩きルート開発したコースを多くの方々に知っていただき、まち歩きを通じてまちの賑わいを創出していくために各種まち歩きを開催します。
4、次世代育成の取り組み
 地域の次代を担う子ども(青少年)達を育てる為に散策会等に子どもの参加を促進し、地域

を愛する心を育てます。その手助けのために子ども向けガイドブックを作ります。先人たちの功績紹介した子ども向け冊子を発行します。民話の採集をし、紙芝居や絵本にして子どもたちに伝えます。

5、信州松代情報の発信
 会の活動を通じて得た松代の情報をホームページを通じて全国、世界に発信し松代への

 関心を高め、松代探訪を促進します。 毎月夢空間便りを発行し、会の活動を広く広報して会の活動への理解と参加促進を図ります。

 

 

 

 

松代のまちづくりへの提言

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会では

行政や地域に対して松代のまちづくりソフト事業を提案し

会員自らその実現に向かって活動しています。

1、庭園や水路を活かしたまちづくり(庭園都市松代)
@庭園、泉水泉水路保存公開
 庭園、泉水、泉水路所有者の組織化
 浄化システム構築、庭園・水路管理地域支援システムの構築、
 A親水性事業の推進
  流し雛、鯉の泳ぐまちづくり他
1、歴史的建造物、空き家対策悉皆調査及び支援
  松代の歴史的建造物の調査による保存対策並びに国の登録文化財推進
  空き家調査による都市住民の二地域居住、移住促進、空き家支援
1、まち歩き促進よる市街地の活性化事業
  観光客の回遊性を促進による地域の活性化推進
  まち歩きガイドセンターの設置
  街角観光情報センターの設置(協力店舗にて)
  まち歩きガイドの養成
  まち歩きマップの作成
  まち歩き案内標識の整備研究(矢印等次のところへ行く案内等)
1、里山の資源を生かした周辺地活性化推進
  東条、西条、豊栄、清野、寺尾各地区の里山の資源を活かしたエコツーリズムの推進

   による周辺地域の活性化、里歩きルート開発、収穫体験他
1、学術、芸術学会・松代学の構築
  松代学の構築、講座、シンポジームの継続的開催、
1、人物を活かしたまちづくり推進交流事業の推進
  関係地域の交流、シンポジュウム、サミット開催
  真田氏・佐久間象山・松井須磨子他
1、 大学、学校との協働したまちづくり研究所の推進
  大学と協働したまちづくり研究所の設置運営と
  地域の小中高校生のまちづくりへの参加促進、
  大学の学生による地域資源調査のための研究合宿、
1、旧町名復活の推進
  旧町名・路地名復活研究
  旧町名・路地名案内板整備

  上記のまちづくり提言はいずれもNPO夢空間で地道に取り組んできましたが
  今後行政や地域とタイアップして町全体で取り組んでいけるよう取り組んでまいります。

 

「歴史まちづくり法」の適用による松代のまちづくりを展望

行政や住民による松代のまちづくりは大きく進展し、全国的に行われた平成の大合併で周辺

となった地域の振興をどのようにしていったらよいのか、松代にモデルを求める市町村が増え、

全国各地からの視察が増えてきている。しかしながら、松代においても少子高齢化が進行し、

今後のまちづくりの課題も多い。そこで松代が現在抱えているまちづくりの課題を整理し「歴史

まちづくり法」の松代の適用を視野に入れながらその課題にいかに取り組んでいったらよいか

整理してみたい。

歴史遺産の集積

松代は地域全体が歴史的遺産の集積地であり個別の文化財保存を考えるだけでなく、地域

全体の保全をトータルに考え、その上で個別の保存対策を考える必要がある。その意味でも

今年11月に施行された「歴史まちづくり法」は松代にとって願ってもない新たな法律である。
@歴史的建造物の保全と活用

松代町内にある江戸から昭和にかけての保存したい歴史的 建造物も、所有者の高齢化や

無人化によって保全をするのが難しくなってきている。歴史的 建造物の悉皆調査を早急に

行い、その現状を把握して残すべき歴史的建造物の保全活用策 を立てたい。そのためにも

松代全体を歴史的風致地域として歴史まちづくり法を松代に適用し、 総合的なビジョンを立て

た上で、個々の歴史的建造物の保全活用を図りたい。歴史的建造物 の活用も街並み環境整

備事業などの国の補助事業を活用して整備すると今まで物販が出来 なかったり、営業的な取り

組みが出来ないなどの制約があったが歴史まちづくり法の適用に よって制約も緩やかになり

活用の幅も広がっていくと思われる。松代では武家屋敷の山寺常山 邸、樋口邸、前島邸など

の整備が図られているが、観光客にとっても、地元住民にとっても、 どこも同じような活用では

魅力に欠けてしまう。食事処や喫茶空間、ギャラリー、ふるさと偉人館、 体験工房、お土産や

地場産品販売、武家屋敷体験宿泊所、観光客や地元の人々のふれあい 交流空間などの

民間活力の活用によって多様な活用がなされていけば松代の魅力は飛躍的 に増していく。

今後保存整備活用が予測される金箱邸、酒井邸、真田勘解由邸、大草邸、 八田邸、松下邸

等を民間活力も導入しながら魅力ある整備を図っていきたいものだ。

A増えてきている空き家の現状調査を行なって、有効活用のために田舎暮らしを志向する

都市部の人々に貸し出したりする仕組みを構築する必要がある。

B地割、町割の保全

松代 は江戸時代の絵地図を片手に迷わず歩けるほど、江戸時代の道路網や、地割、町割が

今日 によく伝わっている。特に武家屋敷地域だった地区においては伝統的な環境がよく保全

され ている。現在では4町が長野市伝統環境保全地区指定されているが、国の重要伝統的

建造 物郡保存地区指定も視野に入れて、更なる保全を図りたいところだ。

C泉水路の保全と復元

松代には江戸時代に整備された水路網が今日まで良く伝わっている。

個人の庭の池から次のお宅の池につながる水路網(泉水路)は2008年4箇所が国の登録記念

物として登録され貴重な文化遺産として再認識されている。しかしながら上流地域の農業に伴う

農薬使用や、下水道未整備等による水質の悪化、水量不足、池の管理(泥あげなど)が行き届

かないなどの理由で、池を潰したりして水路網が途中で切れてしまう事例も増えてきている。

現状調査をした上で、里山保全や井戸掘りなどによる水質の向上、水量確保等の対策を講じた

上で泉水路や泉水の復元を図りたい。

D里山の保全と活用

松代は三方が山に囲まれ、北には 千曲川が流れていて、自然が豊かな 地域である。周辺の

里山においても高齢化が進み、農地も 耕されたりして荒地が増えつつある。

しかしながら清野、西条、豊栄、東条、寺尾各地区は古代 からの歴史がある地域であり、歴史

文化財も豊富にある。再度歴史的文化遺産を再調査し、 歴史遺産を保全して活用していく

方策 を立てたい。エコツーリズム、グリーンツーリズムなどへの 関心が高まる中、松代の里山も

多いに 活用を進めたい。トレッキングコースの整備やゆるやかな 里山歩きコースの整備や里山

歩きツアー、収穫体験ツアー等の定着化を図ることによって、里山 の魅力を高め、松代全体の

中で里山 の価値を高める取り組みがほしい。

E道路の真ん中にある川の復元

江戸時代の絵師が描いた松代の町内絵図を見ると川が道路 の真ん中を通っている。時代とと

に川は道脇に寄せられていった。現在松代の裏柴町に道路 のほぼ真ん中に川が流れてい

地域がある。この水路はすでにコンクリートブロックで整備され ていているが、石積みの水路

復元することによって情緒あふれる水路によみがえり、地域の 人々の散歩コースとしても心

いや され、観光客にも喜ばれるまち歩き人気スポットになるであろう。

F松代城の楼閣復元

松代城は日本100名城の一つに数えられている国史跡である。文化庁 の補助によって太鼓門

などの復元整備が図られてきた。もともと天守閣はなかったようであるが、 楼閣は絵図などで

確認 されている。写真や設計図が出てこないと復元は難しいと言われている が、町のシンボル

として 楼閣が欲しい。

G真田宝物館の建て替え

真田家の宝物を保存し公開 する長野市真田宝物館も老朽化し、建て替えが計画されている。

真田宝物館は松代全体を博 物館として捉える「松代まるごと博物館構想」からすると中枢の

博物館である。松代周辺部の里山や、武家屋敷、町屋、寺町ゾーンにある歴史的遺産を

サテライトの 拠点として町全体を博物館と みなすことで町全体の活性化を目指している。

歴史まちづくり法の 適応によって真田宝物館を建 て直し、松代まるごと博物館の中枢センター

としての機能を持た たい。

H電線の地中化

松代 は歴史的文化遺産が集積し、街並み環境整備事業で街並みも整備されてきて映画の

ロケ 地とし ても活用されるようになってきている。しかしながらせっかく整ってきた街並みも電線

が張り巡らさ れて情緒を壊している場所も多い。そこで、歴史まちづくり法の適用により歴史

的街並みの人気 スポットの電線地中化を図りたい。

I住民参加のまち歩きガイド養成

真田宝物館を松代まるごとミュージアムのコアセンターとして確立させて、周辺に配置した

サテラ イトミュージアムとをつなぐ「発見の小径」を整備し、まち歩きを促進して町の回遊性を

高め賑わい を創出していくために住民参加のまち歩きガイドを養成したい。町内数か所に

まち歩きガイドの 拠点を配置し町民みんなが学芸員となって松代のまちを紹介し、松代の

ファンづくりをしリピータ ーを増やし地域を活性化させたい。

 

NPO夢空間松代のHPにようこそ!

夢空間 

013o.JPG

長野市松代町は真田十万石の城下町として古代から近代にいたる文化遺産が

集積している町です。

このHPでは松代に潜在している地域資源を掘り起こして光を当て、磨き上げて

全国に発信し、住んで暮らしやすく訪れて心憩えるまちづくりに取り組んでいる

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会(NPO夢空間松代)の事業内容等について

ご案内しております。

最新情報は

下記の新しいHPをご覧ください。

新HP→ NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

NPO夢空間の出版物


■信州松代のまち歩きガイドブック

  「信州松代夢空間めぐり」

 地域に住む夢空間の会員が一年かけて松代を散策して魅力を発見し、テーマ別散策18コースを開発してガイドブックにまとめました。

四季を通じて松代のまち歩を楽しんで頂けます。

  A4 80ページ
  1,000円(送料別途)


 [内容]

  ・ 先人の足跡をめぐる
  ・ 松代城をめぐる
  ・ 城下町をめぐる
  ・ 古寺をめぐる
  ・ 松代のお地蔵さまたち
  ・ 松代の古墳めぐり
  ・ 古樹をめぐる
  ・ 水の風景をめぐる
    (七つの泉の里)
  ・ 松代焼きを訪ねて
  ・ 童謡の碑をめぐる
  ・ 民話をめぐる
  ・ 地下壕をめぐる
  ・ 山里めぐり

 ここをクリックしてください↓   ↓   ↓

信州松代夢空間めぐり紹介ブログ

 

 


信州松代夢空間めぐり別冊シリーズ

 
松代のまち歩きをより楽しくするために下の三冊を発刊しました。

  ■のんびり町家・町並み

10コースの町並みを紹介

B5 80ページ
800円(送料別途)

 


■ぶらり城下・武家門

 52の武家門を紹介
 
B5 70ページ
700円(送料別途)
 

 

  ■ゆったり古寺巡礼
 
33ヶ所の寺を紹介

B5 48ページ
500円(送料別途)

 

松代ecoミュージアム山里探訪シリーズ
     
■松代里めぐり 松代 ■松代里めぐり 西条 ■松代里めぐり 東条
B5 34ページ
500円(送料別途)
B5 46ページ
500円(送料別途)
B5 40ページ
500円(送料別途)

 

■遊学城下町信州松代 たてもの36選

A5 37ページ
   
非売品 必要な方はご連絡ください 

 

松 代 研 究 書
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 




 城下町松代 歴史のあるまち並みを残そう

 長野市松代町は真田十万石の城下町として歴史的文化的遺産が豊富に残る地域です。しかしながら、江戸時代の雰囲気を伝える町屋や、武家屋敷などの古民家がその歴史的価値が認識されないまま解体されてしまう例が多くみられます。
 そこで、将来に伝えていきたい歴史的建造物の調査研究を進め国の登録文化財として登録していく運動を進めていますが、その取り組みの前記録を冊子にまとめました。この冊子を読んでいただくと同様の取り組みをしていきたい地域にとって参考になると思います。

 A4 219ページ
  1,000円(送料別途)
 

   信州松代 NPOのまちづくり

 松代のまちづくりに取り組む夢空間の発足当初から2年間の歩みをつづった活動記録
あらゆる資料を網羅して活動が地域に広がっていった全記録
これから各地区でまちづくりの会を立ち上げたり、すでに活動しているグループが新しい活動を生み出していく時に、この冊子を読んでいただくと参考になると思います。 

  A4 232ページ
  1,000円(送料別途)

 

 

 

   庭園都市松代 新しい松代が見えてくる

城下町松代に残る武家屋敷の庭園の調査や、お庭を開放したお庭拝見の調査や活動記録
松代に残る武家屋敷や町家などの調査研究報告
この一冊があれば庭園都市まつしろの新しい松代が見えてきます。

  A3 110ページ
  非売品
  必要な方はご連絡下さい。

 

 

お申し込みは夢空間まで
  〒381−1231 長野市松代町松代伊勢町548−1
  電話(FAX)026−278−1277
  yumekuukan-matushiroあっとtopaz.ocn.ne.jp

index.html

1 下記HPのガイドブック・研究書にて書籍の外観写真をご覧いただくことができます。

 ↓  ↓   ↓  ↓

 NPO夢空間旧HP 出版物・研究誌発刊

 

東京の書店にNPO夢空間の冊子がお目見え
松代のまちづくりNPO夢空間の発行している
松代まち歩きガイドブック関連の冊子が
東京の2書店さんで
取り扱って下さることになりました。
NPO夢空間発行冊子
取り扱って下さる書店さんは下記の2店です。
地方出版関係のコーナーが充実している2店の
御厚意でまずは3ヶ月間試験的に
取り扱ってくださることになりました。
首都圏にお住まいの皆様
是非この2店にお立ち寄りいただいて
冊子を手に取ってごらんください。
そしてもし気に入っていただけたら
購入していただけると嬉しいです。
実績が上がればさらに延長も考えられますので
皆さまの御協力お願いいたします。
東京神田東京堂本店
東京堂書店さん
東京新宿ジュンク堂新宿店
ジュンク堂新宿店さん
東京の書店