まちづくり 視察研修 松代観光 地域活性化

登録文化財の推進

019k.JPG  031k.JPG

町並み保存と国の登録有形文化財への登録推進

NPO夢空間では江戸時代の面影を今日に伝える松代の城下町らしい町並みを保存し、まちづくりに活かしていくために会が発足した平成13年より「町屋・町並みウォッチング」を開催してきました。

その過程で松代には貴重な歴史的建造物が多く存在することに気がついていきました。

しかしながら貴重な文化遺産と思われる建築物もその価値を認識される前に解体されて新築されたり駐車場化されたりしてきました。

この調査に基づき平成16年度より国の登録文化財制度(文化財保護法(第五十六条の二 有形文化財の登録)を活用し50年以上を経過し、将来にわたって残していきたい建造物を登録していく運動を進めています。

現在までに、26ヵ所51件が国の登録有形文化財に指定されました。


2008年04月11日 まちづくり
登録有形文化財
信州松代は歴史的文化財が集積した町です。
歴史的建造物も多く
NPO夢空間では
平成16年から町内の歴史的建造物を調査して
国の登録有形文化財に登録して保存活用する取り組みを進めてきました。
所有者で松代登録文化財の会も結成し推進母体として活動をしています。
信州松代登録有形文化財

登録文化財
2006年12月29日 Weblog

信州松代国の登録有形文化財案内板17箇所に配置

12月29日、信州松代の国の登録有形文化財に登録された建造物に設置する案内板17個が完成し、それぞれの所有者に配布されました。現在20箇所が登録されていますが3ヶ所については今後環境が整い次第設置する予定です。